中条黒川バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般国道
国道7号標識
中条黒川バイパス
路線延長 14.2 km
起点 新潟県胎内市
終点 新潟県村上市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0113.svg国道113号新潟山形南部連絡道路荒川道路
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

中条黒川バイパス(なかじょうくろかわバイパス)は、新潟県胎内市船戸から同県村上市佐々木に至る国道7号バイパス道路

概要[編集]

国道7号の胎内市、村上市の各区間は狭隘区間、中条・黒川中心部のクランクなどの交通の障害を解消するため、1971年(昭和46年)に事業化されたバイパス道路である。

路線データ[編集]

  • 起点 - 新潟県胎内市船戸
  • 終点 - 同県村上市佐々木
  • 延長 - 14.2 km
  • 車線数
    • 完成4車線 - 胎内市船戸 - 同市野中間(中条区間および羽黒区間の起点側0.2 km)延長4.2 km。
    • 暫定2車線 - 胎内市野中 - 村上市佐々木(羽黒区間終点側2.1 km・黒川・新近江・荒川区間)延長10.0 km
  • 指定区間 - 全線[1]

[2]

歴史[編集]

  • 1964年(昭和39年)度 - 中条側都市計画決定。
  • 1965年(昭和40年)度 - 荒川側都市計画決定。
  • 1971年(昭和46年)度 - 事業化。
  • 1972年(昭和47年)度 - 用地着手。
  • 1973年(昭和48年)度 - 工事着手。
  • 1976年(昭和51年)度 - 黒川区間の延長2.9 kmが暫定2車線供用(バイパス)。中条側都市計画変更決定。
  • 1981年(昭和56年)度 - 羽黒区間の延長2.3 kmが暫定2車線供用(バイパス)。
  • 1993年(平成5年)10月29日 - 近江新区間の延長1.6 kmが暫定2車線供用(バイパス)[3]
  • 1994年(平成6年)度 - 中条区間胎内市大川町 - 同市野中の延長1.3 kmが完成4車線供用(拡幅)。
  • 2002年(平成14年)度 - 中条区間胎内市船戸 - 同市大川町の延長2.9 kmが完成4車線供用(拡幅)。
  • 2007年(平成19年)度 - 事業休止。

[2]

路線状況[編集]

黒川・羽黒・近江新区間の総延長6.8 kmでバイパスを作り、中条区間延長4.0 kmと荒川区間延長3.4 kmで現道拡幅を行うこととしていた。このうち、胎内市船戸 - 村上市切田間の10.8 kmが完工しており、残る荒川区間は事業中止された。 [2]

道路施設[編集]

[編集]

  • 黒川大橋

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2015年4月26日閲覧。
  2. ^ a b c 道路事業の事後評価説明資料一般国道7号中条黒川バイパス (PDF)”. 平成23年度第5回北陸地方整備局事業評価監視委員会. 国土交通省北陸地方整備局. 2015年4月26日閲覧。
  3. ^ 暴れ川 荒川 災害復興年表”. 国土交通省北陸地方整備局羽越河川国道事務所. 2015年7月22日閲覧。
  4. ^ 都市計画道路3.4.2中条駅前通り線が開通します (PDF) 新発田地域振興局地域整備部(2014年12月10日)、2015年8月11日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]