羽州浜街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

羽州浜街道(うしゅうはまかいどう)は、出羽国の沿岸部を南北に連絡する街道である。酒田宿より南では越後街道、北では酒田街道とも呼ばれる。北国街道の北端である鼠ヶ関から延長する形で伸びているため、北国街道と呼ぶ例もある。

出羽国沿岸の砂丘付近をほぼまっすぐ北上し、羽州街道久保田宿に到る。現在の国道7号国道112号などに相当する。参勤交代に利用したはなく、商人や出羽三山参詣者などが主な利用者だった。松尾芭蕉も「奥の細道」行脚時に通行している。

宿場[編集]

[編集]

参考資料[編集]

  • 「街道の日本史11 最上川と羽州浜街道」横山昭男、吉川弘文館、2001年、ISBN 4-642-06211-4
  • 「週刊日本の街道76 羽州浜街道 鼠ヶ関から久保田へ」講談社、2003年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]