道の駅豊栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊栄
20050820toyosaka.jpg
所在地 950-3304
新潟県新潟市
北区木崎3644-乙
座標
登録路線 国道7号
登録回 第1回 (15001)
登録日 1993年4月22日
開駅日 1988年11月10日
営業時間 7:00-19:00
外部リンク
国土交通省案内ページ
全国道の駅連絡会ページ
テンプレート プロジェクト道の駅
「道の駅 発祥の地」の碑

道の駅豊栄(みちのえき とよさか)は、新潟県新潟市北区木崎にある国道7号新新バイパス道の駅である。豊栄パーキングエリアとも呼ばれる[1][2]

日本で初めて一般道に設置されたパーキングエリアで、施設内に「道の駅 発祥の地」の碑がある。

概要[編集]

当初、北陸自動車道から新潟・新新バイパス経由で新発田村上方面へ向かう際、新潟黒埼IC(当時、現黒埼IC)から先には休憩施設がなかったことから、一般国道としては全国で初めて道路情報ターミナルを備えたPAとして、新新バイパス全通を1年後に控えた1988年(昭和63年)11月10日[3]「豊栄パーキングエリア」の名称でオープンした[注釈 1]

オープン当初に完成していたのは道路情報ターミナル、駐車場、物産販売コーナーであったが[3]1990年(平成2年)3月には遊歩道や防災池を備えた公園が開園した[7]

その後1993年(平成5年)、「道の駅」制度の発足に伴って道の駅豊栄として登録された[8][9]その際、日本の「道の駅 発祥の地」と認定された[要出典]

2001年(平成13年)12月に改修され、情報ターミナルの機器更新[10]公園のバリアフリー化、休憩施設内の売店、自販機コーナー、軽食コーナーの改修、地元農産物コーナーの新設など、施設の拡充が行われた。

また、翌2002年(平成14年)8月1日より、無線LANでインターネットに無料接続できるサービスを開始[11]2013年7月18日でサービスを終了した。

売店などは開駅当初より株式会社高口又四郎商店が運営を行ってきたが、2014年4月1日に株式会社まちづくり豊栄に譲渡された[12]

主な施設[編集]

  • 駐車場
    • 普通車:98台
    • 大型車:30台
    • 身障者用:1台
  • トイレ (いずれも24時間利用可能)
    • 男:大 7器、小 20器
    • 女:20器
    • 身障者用:1器
  • 公衆電話:5台
  • 自然公園
  • 休憩所・自動販売機
  • 軽食堂
  • 売店
  • 豊栄情報ターミナル(道路情報施設)、道路案内所

管理[編集]

休館日[編集]

  • 年中無休

[編集]

国道7号新新バイパス
豊栄IC - 道の駅豊栄 - 東港IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ この正式名称の決定の際には市民からのアイデア募集も行われた[4]。決定以前の仮称は浦ノ入パーキングなど[5][6]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]