青森県道247号鶴ケ坂千刈線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
青森県道247号標識
青森県道247号鶴ケ坂千刈線
路線延長 12.472 km
制定年 1987年
起点 青森県青森市大字鶴ケ坂字山本
終点 青森県青森市千刈2丁目
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0007.svg国道7号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

青森県道247号鶴ケ坂千刈線(あおもりけんどう247ごう つるがさかせんがりせん)は、青森県青森市大字鶴ケ坂から同市千刈2丁目に至る一般県道である。

概要[編集]

本路線は、全線が国道7号旧道で構成されている。

路線データ[編集]

青森県例規集[1][2]に基づく起終点および経過地は次のとおり

  • 起点:青森市大字鶴ケ坂字山本62の32(=国道7号交点)
  • 終点:青森市千刈2丁目131の34(=国道7号交点)
  • 重要な経過地:なし
  • 路線延長:12.472 km[3]

歴史[編集]

終点側の青森市大字新城から同市千刈までの区間は1972年(昭和47年)の青森西バイパス開通に伴い、起点側の青森市大字鶴ケ坂から同市大字新城までの区間は1987年(昭和62年)の鶴ヶ坂バイパス開通に伴い、それぞれ青森県に移管された。その後は、2003年平成15年)11月28日に鶴ヶ坂バイパスと青森西バイパスが接続する戸門交差点がK字路から国県道が分離した変則H字路への変更[4]2004年(平成16年)9月27日JR奥羽本線を跨ぐ新しい白旗野跨線橋の供用を開始[5][6][7]2005年(平成17年)11月18日津軽新城駅周辺の道路拡幅工事の完成[8]などが実施されている。また、2014年3月には、国道7号鶴ヶ坂バイパスとの接続部の路線形状が一部変更され、当県道から藤崎・弘前方面への合流部分はランプウェイとなった[要出典]

年表[編集]

路線状況[編集]

終点の青森市千刈2丁目から津軽新城駅附近までの区間が青森都市計画道路3・4・29号西滝新城線として計画されている[9]。また、大字石江字岡部で接続する青森都市計画道路3・3・2号内環状線の石江工区および石江2工区が2011年(平成23年)11月2日に開通し[10]青森港フェリー埠頭へ直接往来が可能になった。[5][11]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線[編集]

JR奥羽本線と並行しており、鶴ケ坂駅津軽新城駅新青森駅各駅附近を通過する。また、沿線にそびえる鷹森山女蛇山には、テレビラジオ電波送信所が設置されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 県道路線の認定に関する告示(昭和48年7月10日青森県告示第510号)”. 青森県例規集. 青森県. 2013年1月13日閲覧。
  2. ^ a b 道路の供用の開始(昭和62年8月18日青森県告示第511号)”. 青森県例規集. 青森県. 2013年1月13日閲覧。
  3. ^ 道路情報(東青地域県民局地域整備部)”. 青森県東青地域県民局地域整備部道路施設課. 2013年1月13日閲覧。
  4. ^ 道路の供用の開始(平成15年11月28日青森県告示第749号)”. 青森県例規集. 青森県. 2013年1月13日閲覧。
  5. ^ a b c 『スーパーマップルデジタル 全国版』昭文社 (2012年7月)
  6. ^ 地図で見る駒井ハルテックの橋〈青森県〉”. 駒井ハルテック. 2013年1月13日閲覧。
  7. ^ 道路の供用の開始(平成16年9月27日青森県告示第594号)”. 青森県例規集. 青森県. 2013年1月13日閲覧。
  8. ^ 道路の供用の開始(平成17年11月18日青森県告示第872号)”. 青森県例規集. 青森県. 2013年1月13日閲覧。
  9. ^ 都市計画図情報”. 青森市. 2013年1月14日閲覧。
  10. ^ 県議会トピックス(平成23年度概況)”. 青森県議会事務局調査課. 2013年1月14日閲覧。
  11. ^ これまでは、青森県道234号津軽新城停車場油川線から国道7号青森西バイパスを経由する必要があった。
  12. ^ 《新幹線開業対策事業》 平成22年度当初予算(案)の概要 (PDF) - 青森市ホームページ(3ページ目の「新青森駅周辺の道路網の整備」に路線名の記載あり)

関連項目[編集]