シティエフエムぎふ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シティエフエムぎふ
株式会社シティエフエムぎふ
CITY FM GIFU
愛称 FMわっち
コールサイン JOZZ6AP-FM
周波数/送信出力 78.5 MHz/20 W
本社・所在地
〒500-8833
設立日 2002年5月9日
開局日 2002年7月7日
演奏所 本社と同じ
送信所 岐阜市上加納山4712-1
中継局 なし
放送区域 岐阜市、羽島市、羽島郡、安八郡、揖斐郡、旧・本巣郡の各一部
ネット配信 JCBAインターネットサイマルラジオ
TuneIn Radio
公式サイト http://www.fm-watch.jp/

株式会社シティエフエムぎふは、岐阜県岐阜市羽島市羽島郡安八郡揖斐郡、旧・本巣郡(現・本巣市および北方町)の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 FMわっち(エフエムワッチ)の愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

2002年(平成14年)開局。前年に開局した県域放送局の岐阜エフエム放送(現・エフエム岐阜)は大垣市に所在しているので、岐阜市初の民間FMラジオ局である。「わっち」のスペルは「WATCH」である。

FMわっちは緊急時に備え、岐阜市・瑞穂市と連携し緊急割り込みシステムを構築して、 “防災・災害放送”の役割をしっかり認識し、皆様に信頼されるメディアを目指している。

サービスエリアは、岐阜市大垣市羽島市瑞穂市各務原市山県市本巣市羽島郡安八郡揖斐郡。 平成27年6月現在のサービスエリア内の人口は100万人超、県人口の50%をカバーするとしている [1]

岐阜市41万人、大垣市16万人、羽島市7万人、瑞穂市5万人、各務原市14万人、山県市3万人、本巣市3万人、羽島郡5万人、安八郡4万人、揖斐郡7万人 [2]

自社制作番組以外の時間は、ミュージックバードの番組を放送する。

2012年(平成24年)7月2日に本社およびスタジオを神田町に移転。それまでは、岐阜市橋本町1-10-1のアクティブG内にスタジオがあった。

岐阜県で3番目に、岐阜新聞中日新聞との双方からニュース配信を受けることとなった局である(第1号はエフエムたじみ、第2号はFM岐阜)。

主な自社制作番組[編集]

月~金

  • [生放送]商店街発!わっち アフタヌーンアワー

(12:00 - 14:00)

12:00~放送スタート

12:30~12:40 螢雲堂アワー

12:40~13:00 ビオ・エニシア

13:11~放送再開

13:11 聞いて納得 防災タイム


月~金 (13:00ー13:10)/ 月~金 再放送 (18:00ー18:10)

  • 林敦子


月~土

月 (14:00ー15:00)/ 火~金 再放送 (14:00ー15:00)

土 再放送 (13:00ー14:00)


※「みんなの森 ぎふメディアコスモス」内の市民ラジオ




  • [生放送]ゆうがたわっち(16:00 - 17:00)
  • 渡辺恵


(12:30ー13:00)/再放送 (17:30ー18:00)

※さくらスタジオ(瑞穂市庁舎2F)から中継

  • 三上範子・林幸代・あいちゃん


(22:00ー23:00) /日曜 再放送 (18:00ー19:00)

  • FOOGEE OWNER(aka.qooizoo)


※「飛騨高山テレ・エフエム」にもネットしている。[3]




脚注[編集]

  1. ^ 会社概要 FM WATCH(Internet Archiveのアーカイブ:2015年11月7日収集)
  2. ^ 会社概要 FM WATCH(平成27年6月現在、岐阜県発表)
  3. ^ [1] (22:00[外部制作]フージーレコーズの前代未聞:HitsFM タイムテーブル(土・日))

外部リンク[編集]

株式会社シティエフエムぎふに対してコミュニティFM放送局を予備免許 東海総合通信局 報道発表資料 平成14年5月8日(国立国会図書館のアーカイブ:2009年7月22日収集)