さっぽろ村ラジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社さっぽろ村ラジオ
SAPPORO MURA RADIO
愛称 さっぽろ村ラジオ
コールサイン JOZZ1AP-FM
周波数/送信出力 81.3 MHz/20 W
本社・所在地
〒065-0012
設立日 2002年(平成14年)11月8日
開局日 2003年(平成15年)4月1日
演奏所 所在地と同じ
送信所 札幌市東区北20条東15丁目
中継局 なし
放送区域 札幌市東区の一部
ネット配信 サイマルラジオ
公式サイト https://sapporomura-radio.jp/

株式会社さっぽろ村ラジオ(さっぽろむらラジオ)は、北海道札幌市東区の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。

さっぽろ村ラジオそのままの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

放送エリアは、札幌市東区の全域、北区中央区西区豊平区白石区石狩市当別町の各一部。推定人口は、120万人以上 [1]

スタジオはファイターズ通りに面しており、一部の番組を除きスタジオ観覧が可能である。

STLにアナログ専用線2本を使用しているため高周波数帯域での音響特性が大幅に落ちている。

FMオーディオプロセッサにDEVA Broadcast DB6400を導入し、聞きやすい音量音質で放送している。

FM放送の補完放送として、サイマルラジオに加盟し、スタジオの動画付きラジオを見ることができる。

2019年7月より24時間放送を開始。

2019年12月よりLアラートを活用した防災・減災情報の発信を開始。

2020年4月15日より、新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大防止対策の一環でIPオーディオコーデック BARIX Exstreamer 500を用いた完全リモート生放送を開始。ディレクター宅とラジオ局をIPオーディオコーデック(PCM 48kHz 16bit ステレオ)で結び、演者とディレクター宅をコミュニケーションアプリを使用して結ぶことで完全非接触による生放送を行っている。

沿革[編集]

2002年(平成14年)

  • 11月8日 株式会社さっぽろ村ラジオ設立。
  • 11月14日 放送局(現特定地上基幹放送局)の免許申請が受理される。

2003年(平成15年)

  • 2月14日 放送局の予備免許を取得。
  • 3月27日 放送局の免許を取得。
  • 4月1日 開局。

主な番組[編集]

  • eモーニング(月~木 9:00-12:00)
  • デイライトストリート(月~木 12:00-14:00)
  • ムーさんのお茶にしませんか?(月〜金 15:00〜16:00)
  • むらラジOH!(月~木 17:00-19:00)
  • VILLAGE LINE(月〜金 20:00〜21:00)
  • 真夜中の電波塔(火・木 24:00~27:00)
  • とんとん歌謡曲(金 12:15〜14:00)
  • Sapporo Premium Information&Weather Forecast(金 16:30~17:00)

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 会社情報 さっぽろ村ラジオ(Internet Archiveのアーカイブ:2016年7月21日収集)

外部リンク[編集]