札幌ラヂオ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札幌ラヂオ放送株式会社
愛称 ラヂオノスタルジア
コールサイン JOZZ1AM-FM
周波数/送信出力 78.6 MHz/10 W
本社・所在地
〒064-0809
北海道札幌市中央区南9条西4丁目3-1-2603 AMS新TOWER中島
設立日 1999年7月5日
開局日 2000年4月20日
演奏所 本社と同じ
送信所 札幌市中央区南9条西4丁目3-1 AMS新TOWER中島屋上
中継局 なし
放送区域 札幌市中央区、北区東区西区の各一部地域

札幌ラヂオ放送株式会社(さっぽろラヂオほうそう)は、北海道札幌市中央区北区東区西区の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 ラヂオノスタルジアの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)11月1日 放送局(現特定地上基幹放送局)の免許申請が受理される。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月28日 放送局の予備免許取得。
    • 4月19日 放送局の免許取得。
    • 4月20日 放送開始(札幌市中央区南8条西5丁目 第2マルゲンビル1階)。
  • 2003年(平成15年)2月下旬 拠点をJRタワーへ移転。
  • 2000年代中期頃 拠点を五番街ビル9F ラヂバーノスタルジア(札幌市中央区南3条西4丁目)へ移転。
  • 2008年(平成20年) 拠点をAMS TOWERへ移転。
  • 2010年(平成22年)9月 オフィシャルショップ「ラヂバー」を閉店。

特徴[編集]

FMわっぴーラジオカロスサッポロの放送局長を務めた安濃豊が中心となって設立。 中高年をメインターゲットに据え、オールディーズジャズ懐メロ演歌などを中心とした選曲を行っていることが開局以来の特徴である。

開局時より近年まで、放送機器の要所部分に真空管アンプを積極的に使用するなど音質にこだわっていた。

2006年(平成18年)からは視覚障害者に番組制作の機会を持たせたり、一般に協賛金を募って視覚障害者向けの新聞拾い読み番組を放送するなど「福祉ラジオ」としての番組編成に改められた。その取り組みは新聞[1]やテレビ番組[2]でも取り上げられた。

2007年(平成19年)以降、社長の難病罹患や主要スタッフの死去などをきっかけに、番組編成の改変やスタジオ・事務所の移転が進んだ。 運営方針も改められ、法人名義の放送局を名乗っているものの、平日は4時間、日曜は全日、安濃豊代表による戦前復古・歴史修正主義的な時局番組を放送するなど、オーナー色の強い放送になった。運営資金は代表による贈与収入が主であり、広告料収入は皆無である。

主な番組[編集]

  • 月曜 - 金曜(祝祭日除く) 17:30頃より19:00頃まで
    • 「ラヂオ学問所・嫌なら聞くな」(パーソナリティ:安濃 豊、本局唯一の帯番組である)
  • 土曜・日曜

脚注[編集]

  1. ^ 札幌のFM局「新聞読み聞かせ」存在感 産経新聞 2007年1月9日(ohtaniyuの日記 2007年1月10日)
  2. ^ きらっといきるNHK教育 2006年10月21日

外部リンク[編集]