XML Paper Specification

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
XML Paper Specification (XPS)
拡張子 .xps
MIME Type application/vnd.ms-xpsdocument
開発者 マイクロソフト
テンプレートを表示
Open XML Paper Specification (OpenXPS)
拡張子 .oxps
MIME Type application/oxps
開発者 マイクロソフト, Ecma International
国際標準 ECMA-388 (英語)
テンプレートを表示

XML Paper Specification (XPS) は、ページ記述言語のひとつで、マイクロソフトWindows Vista から採用したドキュメント ファイル形式である。2009年6月に ECMA-388 Open XML Paper Specification (OpenXPS) として国際標準規格となった。

XPS の開発[編集]

かつてのコード名は「Metro」といった。配布形態、記録方式、レンダリング等の形式が規定されており、そのマークアップ言語Windows Presentation Foundation による Extensible Application Markup Language (XAML) のサブセットである。結果として Windows アプリケーションのレンダリング手法がそのまま XPS 文書にも使用可能となる。

XPS は Adobe 主導の Portable Document Format (PDF) に対抗するものだが、PDF と異なり動的コンテンツを含むことが出来ない。あくまでも静的な電子文書である。マイクロソフトは2007年6月1日までに XPSDrv ソリューションに対し付加機能の追加を行う旨のコメントをした[要出典]

OpenXPS の開発[編集]

2007年6月に Ecma International の技術委員会 (Technical Committee) 46 (TC46) が立ちあげられ、XPS の標準化作業が開始された。TC46 のメンバーは AutodeskBrotherCanonFujifilmFujitsuGlobal GraphicsHewlett-PackardKonica MinoltaLexmark、Microsoft、Monotype ImagingOcéPagemarkPanasonicQualityLogicRicohSoftware ImagingToshibaXeroxZoran で構成された[1]。 2009年6月に OpenXPS として XPS とはいくらか互換性がないが規格が決定した[2]

OpenXPS と XPS の違い[2]
変更点 OpenXPS 1st Edition XPS
スキーマの URI 名前空間 XPS と OpenXPS では異なる
Content Type application/oxps を推奨 application/vnd.ms-xpsdocument のみ
拡張子 *.oxps を推奨 *.xps のみ
X3D の実装 オプションである 既に実装している
カラー プロファイルの相互運用性 仕様が厳密である 仕様が厳密ではない
独自の参照の仕組みの削除 参照不可 参照可

ソフトウェアとハードウェアのサポート[編集]

今日主流の Microsoft Windows では XPS の閲覧および出力をサポートしている。マイクロソフト以外の XPS の取り扱いは、ソフトウェアとハードウェアのいずれかまたは両方での対応が増えてきている[3]。Windows 以外の環境、Mac OS X や GNU/Linux 環境においても、KDE プロジェクトの OkularNiXPS をはじめ、XPS に対応したものがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ TC46 - members” (英語). Ecma International. 2010年2月25日閲覧。
  2. ^ a b Hello Ecma-388 1st Edition” (英語). XPS Team Blog (2009年7月16日). 2010年2月25日閲覧。
  3. ^ XPS テクノロジ ショーケース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]