UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝
大会名 UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08
PK戦にて6–5でマンチェスター・ユナイテッドの勝利
開催日 2008年5月21日
会場 ルジニキ・スタジアム(モスクワ)
最優秀選手 エトヴィン・ファン・デル・サール (マンチェスター・ユナイテッド)
主審 ルボシュ・ミヘル (スロヴァキア)
観客数 67,310
天気 曇り
14 °C (57 °F)
96% 湿度[1]
2007
2009

UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08 決勝は、2008年5月21日にロシアモスクワにあるルジニキ・スタジアムで開催され、イングランドのマンチェスター・ユナイテッドと同じくイングランドのチェルシーが対戦した。イングランドのクラブ同士でのチャンピオンズリーグ決勝戦は史上初である。試合はマンチェスター・ユナイテッドがPK戦の末勝利し、通算3度目の優勝となった。

概要[編集]

2度の優勝経験があるマンチェスター・ユナイテッドは1999年以来の9年ぶりの決勝であり、チェルシーはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝となった。マンチェスター・ユナイテッドは無敗で決勝まで勝ち上がった。一方のチェルシーはシーズン当初にジョゼ・モウリーニョ監督が解任されチーム状態が崩壊寸前であったが、後を受け継いだ新監督アヴラム・グラントの下で選手達が1つとなり、2005年と2007年に準決勝で敗れた因縁の相手リヴァプールを準決勝で延長戦の末に破っての決勝進出だった。

試合はモスクワ夏時間で夜11時という非常に遅い時刻に始まり、試合中に翌日の22日を迎えた。大会得点王となったクリスティアーノ・ロナウドのゴールでマンチェスター・ユナイテッドが前半26分に先制し、前半終了前にフランク・ランパードのゴールでチェルシーが追いついた。その後は一進一退の攻防を繰り広げながら延長戦に突入。延長戦もゴールが生まれずPK戦に突入した。また延長戦の終了前にチェルシーのディディエ・ドログバネマニャ・ヴィディッチの頬を叩き、退場となっている。雨降りしきる中行われたPK戦は、先攻のマンチェスター・ユナイテッドの3人目のキッカーであるクリスティアーノ・ロナウドが、チェルシーのGKペトル・チェフに止められ失敗。後攻のチェルシーがリードし、これを決めれば優勝という場面で5人目のジョン・テリーに回ったが、ボールを蹴る寸前に雨で濡れたピッチで軸足を滑らせてしまい、ポストにはじかれて失敗。その後は6人目は共に決めたものの、チェルシーの7人目ニコラ・アネルカが、マンチェスター・ユナイテッドのGKエトヴィン・ファン・デル・サールに止められマンチェスター・ユナイテッドの優勝が決まった。試合終了後、PKを失敗したクリスティアーノ・ロナウドはピッチにうつ伏せになったまま涙し、ジョン・テリーも監督やチームメイトに抱かれながら涙した。

詳細[編集]

2008年5月21日
22:45 MSD
マンチェスター・ユナイテッド イングランドの旗 1 – 1 (a.e.t.) イングランドの旗 チェルシー ルジニキ・スタジアム, モスクワ
観客数: 67,310
主審: ルボシュ・ミヘル (スロヴァキア)
クリスティアーノ・ロナウド 26分にゴール 26分 Report フランク・ランパード 45分にゴール 45分
    PK戦  
テベス 成功
キャリック 成功
C・ロナウド ミス(saved)
ハーグリーヴス 成功
ナニ 成功
アンデルソン 成功
ギグス 成功
6 – 5 成功 バラック
成功 ベレッチ
成功 ランパード
成功 A・コール
ミス(hit the post) テリー
成功 カルー
ミス(saved) アネルカ
 
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
マンチェスター・ユナイテッド:
GK 1 オランダの旗 エトヴィン・ファン・デル・サール
RB 6 イングランドの旗 ウェズ・ブラウン 120+5分に交代退場 120+5分
CB 5 イングランドの旗 リオ・ファーディナンド 43分に警告 43分
CB 15 セルビアの旗 ネマニャ・ヴィディッチ 111分に警告 111分
LB 3 フランスの旗 パトリス・エヴラ
RM 4 イングランドの旗 オーウェン・ハーグリーヴス
CM 18 イングランドの旗 ポール・スコールズ 21分に警告 21分 87分に交代退場 87分
CM 16 イングランドの旗 マイケル・キャリック
LM 7 ポルトガルの旗 クリスティアーノ・ロナウド
CF 10 イングランドの旗 ウェイン・ルーニー 101分に交代退場 101分
CF 32 アルゼンチンの旗 カルロス・テベス 116分に警告 116分
控え:
GK 29 ポーランドの旗 トマシュ・クシュチャク
DF 22 アイルランドの旗 ジョン・オシェイ
DF 27 フランスの旗 ミカエル・シルヴェストル
MF 8 ブラジルの旗 アンデルソン 120+5分に交代出場 120+5分
MF 11 ウェールズの旗 ライアン・ギグス 87分に交代出場 87分
MF 17 ポルトガルの旗 ナニ 101分に交代出場 101分
MF 24 スコットランドの旗 ダレン・フレッチャー
監督:
スコットランドの旗 アレックス・ファーガソン
Man Utd vs Chelsea 2008-05-21.svg
チェルシー:
GK 1 チェコの旗 ペトル・チェフ
RB 5 ガーナの旗 マイケル・エッシェン 118分に警告 118分
CB 6 ポルトガルの旗 リカルド・カルヴァーリョ 45分に警告 45分
CB 26 イングランドの旗 ジョン・テリー
LB 3 イングランドの旗 アシュリー・コール
DM 4 フランスの旗 クロード・マケレレ 21分に警告 21分 120+4分に交代退場 120+4分
CM 13 ドイツの旗 ミヒャエル・バラック 116分に警告 116分
CM 8 イングランドの旗 フランク・ランパード
RW 10 イングランドの旗 ジョー・コール 99分に交代退場 99分
LW 15 フランスの旗 フローラン・マルダ 92分に交代退場 92分
CF 11 コートジボワールの旗 ディディエ・ドログバ 116分に退場116分
控え:
GK 23 イタリアの旗 カルロ・クディチーニ
DF 33 ブラジルの旗 アレックス
DF 35 ブラジルの旗 ジュリアーノ・ベレッチ 120+4分に交代出場 120+4分
MF 12 ナイジェリアの旗 ミケル・ジョン・オビ
FW 7 ウクライナの旗 アンドリー・シェフチェンコ
FW 21 コートジボワールの旗 サロモン・カルー 92分に交代出場 92分
FW 39 フランスの旗 ニコラ・アネルカ 99分に交代出場 99分
監督:
イスラエルの旗 アヴラム・グラント

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Line-ups”. uefa.com. Union of European Football Associations (2008年5月21日). 2009年5月20日閲覧。