ミケル・ジョン・オビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミケル・ジョン・オビ Football pictogram.svg
Джон Оби Микел.jpg
名前
本名 ジョン・マイケル・ンチェクベ・オビンナ
愛称 ミケル
ラテン文字 MIKEL
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 1987年4月22日(26歳)
出身地 ジョス
身長 188cm
体重 86kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション MF
背番号 12
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005
2005-
ノルウェーの旗 FCリン・オスロ
イングランドの旗 チェルシーFC
4 (1)
138 (0)
代表歴2
2005- ナイジェリアの旗 ナイジェリア 50 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2011年5月22日現在。
2. 2013年6月20日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジョン・マイケル・ンチェクベ・オビンナJohn Michael Nchekube "MIKEL" Obinna, 1987年4月22日 - )は、ナイジェリアジョス出身のサッカー選手。ポジションはMFインテルオビのいとこ。

来歴[編集]

18歳の若さでマンチェスター・ユナイテッドチェルシーFCがあらゆる手段を駆使した獲得争いを繰り広げていた選手。2005 FIFAワールドユース(当時)でシルバーボール賞を受賞した。

アレックス・ファーガソンが3年もの間追い続け、2005年4月末にマンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得でFCリン・オスロと合意と発表したが彼の所有権はリンではなくチェルシーが持っていたためチェルシー側がこれを不服として抗議、結局この移籍は取り消された。その後金の積み合いとなったが、最終的にチェルシーが1600万ポンド(約33億円)の移籍金で獲得した。しかしマンチェスター・ユナイテッドとの関係を悪くしないようにするためか、移籍金の4分の3の1200万ポンドはマンチェスター・ユナイテッドへ、残りの400万ポンドがミケル自身に渡されることで決着した。

チェルシー加入後は主に控え選手として試合に出場していたが、レディングFC戦でレッドカードを提示され、退場となってしまった。その後は出場機会をなくしてしまっていたが、リーグ戦の対ウィガン・アスレチック戦で控えとして出場し、リーグ・カップのマックルズフィールド戦で1ゴールを決め、チームの勝利に貢献した。

エピソード・アラカルト[編集]

  • 2003年フィンランドで行われたFIFA U-17ワールドカップに出場した際、ユニフォームに"MICHAEL"のスペルが"MIKEL"と間違ってプリントされていた。それを気に入ったらしく、それからはミケルという名前を登録名としている。
  • 2006-07シーズンにチェルシーがFAカップで優勝したが、誤って優勝カップを落として傷をつけてしまった。
  • 2011年8月12日に父親がナイジェリアのジョスで誘拐されたが[1]、22日にカノで保護された[2]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 チェルシーFC

脚注[編集]

外部リンク[編集]