Jealousy (Xのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Jealousy
Xスタジオ・アルバム
リリース 1991年7月1日
2007年2月14日(再リリース盤)
録音 1990年12月 - 1991年6月
Complex Studio
Sound Castle Studio
Studio City
Alpha Studio
Mad Hatter Studio
ジャンル ロックパワーメタル
時間 50分21秒
レーベル Sony Records
Ki/oon Records(再リリース盤)
プロデュース X
津田直士(共同プロデュース)
チャート最高順位
  • 1位(オリコン
  • 15位(SPECIAL EDITION・オリコン)
ゴールド等認定
X JAPAN 年表
BLUE BLOOD
(1989年)
Jealousy
(1991年)
ART OF LIFE
(1993年)
Jealousy 収録の シングル
  1. Silent Jealousy
    リリース:1991年9月11日
  2. Standing Sex/Joker
    リリース:1991年10月25日
  3. Say Anything
    リリース:1991年12月1日
テンプレートを表示
専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典 評価
オールミュージック 星5つのうち3.5つ [1]
The Nihon Review 星10つのうち8つ [2]

Jealousy』(ジェラシー)は、日本のロックバンド X が1991年7月1日にリリースした3枚目のスタジオ・アルバム。オリコンの売り上げとしてはX JAPAN名義も含めて初動売上でバンド最高の60万枚以上を売り上げ、『BLUE BLOOD』に次ぐチャートイン50週を記録し、ミリオンセラーとなった。

2007年2月14日に、リマスター盤とインストゥルメンタル・トラック盤をコンパイルした期間限定のCD2枚組『Jealousy (SPECIAL EDITION)』がキューンレコードから発売された(メーカー限定出荷期間は2007年2月14日-2007年5月31日)。その後『Jealousy (SPECIAL EDITION)』を“REMASTERED EDITION”として復刻。オリジナル・アルバムのリマスター盤CDのみを収録した『Jealousy (REMASTERED EDITION)』が、同じくキューンレコードから2008年3月19日に発売された。オリコン週間アルバムチャートでは『Jealousy (SPECIAL EDITION)』が31位、『Jealousy (REMASTERED EDITION)』が241位を記録した。

前作『BLUE BLOOD』収録曲の多くが殆どのライブで演奏されているのに対し、本作収録曲やシングルで発表された収録予定曲の多くはX JAPAN以降演奏機会が減っていった(「Joker」「Sadistic Desire」は1996年まで、「Silent Jealousy」「ART OF LIFE」「Say Anything(Acoustic Version)」は再結成後に再び演奏されている)。

制作[編集]

メンバーは1990年11月24日に渡米し、ロサンゼルスの録音スタジオでアルバムを制作した。当初は「ART OF LIFE」「Standing Sex」「Sadistic Desire」を含む2枚組としてリリースする予定だったが、YOSHIKIの体調不良などでレコーディングが間に合わず、2枚組とはならなかった[3]。 予定の全曲を入れようとした場合、リリースがもう少し先に延びることになっていたが、ソニーの上場に際し、5ヵ年決算に『Jealousy』の売上が必要になったことから、ソニーから1枚のみでのリリースを要請された[4]YOSHIKIは予定通り2枚組でリリースしようと譲らなかったが、レコード会社の重役がYOSHIKIを説得しにロサンゼルスまで来たため、YOSHIKIが折れて1枚物でのリリースとなった[4]。予定の全曲を収録した場合のジャケット・カバーも別に用意されていた[3]

エンジニアのリッチ・ブリーンは、TAIJIが持っていたマノウォーのCDを手がけたことがきっかけで依頼した[3]。また、ドラム・テクニシャンを務めたヴィンス・ガットマンはリッチ・ブリーンの紹介である[3]

プロモーション[編集]

100万枚のアルバム・セールスを目標に据え、テレビや雑誌などへの多くの露出を意識した。当初はアルバムのリリースに先駆けて「Silent Jealousy」をシングルでリリースする予定であったが、結果的にはアルバム・リリースの2ヶ月後になった[5]

スクリーミング・マッド・ジョージがアートワークを担当したアルバム・ジャケットは、背後から伸びた4本の腕が体に絡みついた裸のYOSHIKIが両手首を鎖に縛られた状態で写っている。1991年11月4日にYOSHIKIによる「『Jealousy』ジャケット再現パフォーマンス」を原宿歩行者天国で予定していたが、当日は5,000人以上のファンが集まったため中止となった。Xのグッズショップ「Jealousix」が新宿モザイク坂と渋谷パルコSR-6で1991年7月1日から9月30日の期間限定で出店していた[6]

テレビCM用に15秒スポットが制作された。1991年の6月に撮影が行われ、完成したCMではオーディションで選ばれたモデルのロレッタとYOSHIKIによるキスシーンが全体の半分を占めた[6]

ツアー[編集]

1991年8月6日の新潟を皮切りに、全国9都市を周る「Violence In Jealousy Tour 1991」を行った。しかし、全会場で発売と同時にソールド・アウトになったため、固定ファン以外の新規層の取り込みに大きくは寄与しなかったとYOSHIKIは分析している[7]。それを踏まえ、翌1992年1月にキャパシティに余裕を持たせる意味で東京ドームで3日間に渡って『東京ドーム3DAYS 〜破滅に向かって〜』を開催した[8]

収録曲[編集]

  1. Es Durのピアノ線 - 1:53
    (作曲・編曲:YOSHIKI)
    • 当初は「Silent Jealousy」をアルバムの1曲目に据えていたが、オープニングにふさわしくないと判断し、その前置きになる曲として作られた[3]。タイトルだけが先行して決定され、ジャケットにタイトルが刷り込まれた後、ロサンゼルスから帰国する3日前に1日で制作された[3]
    • インプロビゼーションによるインストゥルメンタル曲。曲の後半、一瞬音が途切れた次の瞬間に一音高い音が鳴り響き、その直後に不協和音が流れる展開になっているが、その一音がタイトルにあるEs Dur(ミのフラット)の音である。この一音はYOSHIKIがドライバーで直接ピアノ線を弾いて音を出している[3]
    • 何時間もかけレコーディングを行い、やっとの思いで納得のいく演奏を録音できたが、外国人のエンジニアにうまく伝えられず、一度録音を消去されてしまったことがYOSHIKIが英語の上達に励むきっかけとなった[9]
  2. Silent Jealousy - 7:19
    (作詞・作曲:YOSHIKI 編曲:X)
    • 後にメジャー四枚目のシングルとして、リカットされる。
  3. Miscast - 5:13
    (作詞・作曲:HIDE 編曲:X)
    • 歌詞はアルバムコンセプトのジェラシーから連想し、栄枯盛衰がモチーフとなっている。
    • 解散前のライブでは、HIDEがソロ・コーナーで歌う事も多かった。HIDEのセルフカバーのバージョンも音源化されており、『Cafe Le Psyence-hide LEMONed Compilation』というコンピレーションの1曲として彼の死後に音源化された。HIDEのものは元々デモバージョンで音の状態もかなり悪化していたために、PATAのギターとHEATHのベースJOEのドラム、そしてI.N.Aのプログラミングで改めて製作をやり直された。
  4. Desperate Angel - 5:54
    (作詞:TOSHI 作曲:TAIJI 編曲:X)
    • TAIJIの作ったアメリカンロックンロール。イントロにゴスペルが入る。
    • TAIJIが晩年結成したバンドTSPがカバーしており、彼の死後の2012年にアルバム『The Last Resistance of the Firebird』のアウトテイクとして発表された。
  5. White Wind From Mr.Martin ~Pata's Nap~ - 1:03
    (作曲・編曲:PATA
    • 「Voiceless Screaming」の繋ぎの曲。珍しいPATA作曲の楽曲でもある。
    • 元々は、PATAがスタジオでアコースティックギターを弾いて遊んでいたところ、通りかかったTAIJIがその演奏を気に入り「Voiceless Screamingの前にそんな感じのインストが欲しい」と言ったことがきっかけ。それを受けてPATAがアレンジを練り直して完成させた。
    • 最初はサブタイトルにある「Pata’s Nap」のみであったが、後にYOSHIKIが正式なタイトルとしてBlue Windを提案し、PATAはそれをジェフ・ベックのようだと気に入ったが、青よりも白のほうがより曲のイメージに合っていると感じてWhite Windに変更になった。またMr.Martinとは、PATAがロサンゼルス滞在中に購入し、この曲のレコーディングで使用したマーティンのアコースティック・ギターに由来している[6]
  6. Voiceless Screaming - 6:16
    (作詞:TOSHI 作曲:TAIJI 編曲:X)
    • レコーディング中に喉を潰してしまったToshlが、自分自身をモデルに作詞。
    • 曲は89年夏頃に原型が完成しており、10分を超える組曲にする予定もあったが最終的にバラードとなった。
    • この曲ではすべてのギターをTAIJIがひとりで演奏しており、HIDEとPATAは演奏に参加していない。その卓越した演奏はHIDEをして「俺には弾けない」、PATAも「TAIJIほど上手くは弾けない」と言わしめたほど。ライブではPATAとTAIJIのふたりで演奏されていた。なおこの曲を演奏する秘訣はTAIJI本人いわく「フォークソングを勉強すること」だそう。
    • TAIJIは脱退後に自身のバンドであるD.T.Rで「Voiceless」として、TAIJI with HEAVEN'Sで「Voiceless Screaming ~from Heavens」としてカバーしている。TOSHIソロライブでも演奏されていた。
  7. Stab Me In The Back - 3:53
    (作詞:白鳥瞳 作曲:YOSHIKI 編曲:X)
    • 1987年にビクターからリリースされたオムニバス『SKULL THRASH ZONE I』に収録されたもののリメイク。 ビクター版発売当時のメンバーはToshl、YOSHIKI、TAIJIの3人で、アルバムのブックレット内の写真もこの3人だけが写っている。PATAはメンバー表記に入っているがサポート扱いで、HIDEは当時はまだメンバーではなかった。ビクター版の同曲は、『Jealousy』に収録されたものに比べ、テンポがかなり遅く、バスドラムの連打がほとんどない。また、完全なスラッシュ・メタルである『Jealousy』版と比べると、ややハードコアに近い要素を含んだアレンジになっている。
    • テンポ200という「オルガスム」を上回るX史上最速のナンバー。1分間につき、ドラムを800発近く叩いている。HIDEはこの曲を「YOSHIKI殺し」と呼んでいた。
    • 激しいドラムプレイのため、レコーディング直後の2日間、YOSHIKIは椎間板ヘルニアを背負うことになる。
    • Xの楽曲の中でも最も難しい部類に入るため、オフィシャルバンドスコアでメンバー達は「コピーする奴いるのか?」と語っている。
    • 『Jealousy』版は、「BLUE BLOOD TOUR」などで演奏された。ライブに於いては、曲中にHIDEによるアドリブのスキャット(通称「HIDE語」)が挿入されるのが定番となっていた。
    • Xの楽曲には珍しく、ギターソロ及びメインリフはPATAが担当している。
  8. Love Replica - 4:35
    (作詞・作曲・編曲:HIDE)
    • HIDEがそこら中の色んな「音」をサンプリングし、プログラミングした。リズムの音はスタジオにあった大きなゴミ箱を叩いた音である。
    • 曲全編にわたってフランス語によるナレーションが挿入されているが、これはHIDEがアルバムコンセプトのジェラシーからナルシストを連想して(自分で自分の美しさに“嫉妬”することから)書いたものである。
    • 一部のフレーズは、横須賀サーベルタイガー時代に既に出来ていた。これは、アルバム「Origin Of Hide Yokosuka Saver Tiger Vol.2 Best Live & Making」の12,13トラックの音声で確認できる。
  9. Joker - 5:33
    (作詞・作曲:HIDE 編曲:X)
  10. Say Anything - 8:42
    (作詞・作曲:YOSHIKI 編曲:X)

パーソネル[編集]

  • ミキシング・エンジニア:
リッチ・ブリーン、ブルース・ミラー、ポール・ウィンガー
  • レコーディング・エンジニア:
リッチ・ブリーン、ブルース・ミラー、中井賢二
ポール・ウィンガー、スタンレー・サルターズ、ジョー・トリシ
  • アシスタント・エンジニア:
ボブ・ラチヴィタ、トレイシー・チザム、ジョン・パテルノ、
グレッグ・マッコネル、ジェフ・ラッハ、スコット・ヨアヒム、
デイヴ・レヴィ、デュアン・シコラ、ジェフ・オールデン、
小川次郎
  • マスタリング・エンジニア:
田中三一(ソニー信濃町スタジオ)
  • ストリングス・アレンジ&指揮:
デヴィッド・キャンベル
  • コンサート・マスター:
ブルース・デュコフ
  • ヴォーカル・コーチ&プロデュース:
ロジャー・ラヴ
  • バックグラウンド・ヴォーカル:
ロジャー・ラヴ、ジーン・ミラー、
ウォーレン・ハム(「Desperate Angel」 )
  • ヴォイス:
エンジェル・フィゲロア、ローラ・マクブルーム(「Joker」)、
シルヴィアン・ル・シュヴァリエ(「Love Replica」)
  • ハーモニカ:
スタンレー・ベーレンス
  • ドラム・テクニシャン:
ヴィンス・ガットマン
  • ギター・テクニシャン:
高橋和仁

脚注[編集]

  1. ^ http://www.allmusic.com/album/jealousy-mw0001637242
  2. ^ http://www.nihonreview.com/music/jealousy/
  3. ^ a b c d e f g 『リズム&ドラム・マガジン』(1991年8月号)リットーミュージック
  4. ^ a b 市川哲史『私が「ヴィジュアル系」だった頃。』(竹書房、2005年)p. 88
  5. ^ 市川哲史『ART OF LIFE』(ロッキング・オン、1992年)p. 176
  6. ^ a b c 『ARENA37℃』(1991年8月号)音楽専科社
  7. ^ 市川哲史『ART OF LIFE』(ロッキング・オン、1992年)p. 174
  8. ^ 市川哲史『ART OF LIFE』(ロッキング・オン、1992年)pp. 174-175
  9. ^ 『ロッキンf』(2000年11月号)立東社

外部リンク[編集]