関屋駅 (新潟県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
関屋駅
南口(2007年1月)
南口(2007年1月)
せきや - Sekiya
青山 (1.5km)
(1.5km) 白山
所在地 新潟市中央区関屋大川前二丁目2-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 越後線
キロ程 79.2km(柏崎起点)
電報略号 セヤ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
2,033人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1913年大正2年)11月15日
備考 業務委託駅
みどりの窓口
北口。橋上駅舎化と同時に新設された

関屋駅(せきやえき)は、新潟県新潟市中央区関屋大川前二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)越後線

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線に、自由通路を併設した橋上駅舎を有する地上駅

新潟駅が管理する業務委託駅で、駅業務はジェイアール新潟ビジネスが受託している。駅舎2階の改札口には自動改札機が3通路設置されており、全通路でSuicaが利用できる。また、発車標(夕方以降は消灯される)が設置されており、有人改札を兼ねるみどりの窓口(営業時間:7時30分 - 18時20分)、自動券売機(タッチパネル式2台)、待合室(改札内。自動販売機あり)などがある。公衆電話の設置はない。

バリアフリー対策として、改札口正面には音声案内装置を備えた周辺地図が設置されているほか、南北双方のエントランスとホームにはエレベーターと誘導チャイムが設置されている。また改札内のトイレにはオストメイトに対応した多機能トイレが設置されている。改札外にトイレはない。

橋上化前まではホーム上に待合室が設置されていた。

のりば[編集]

(南側から)

1 越後線(上り)内野吉田方面

越後線(下り)白山新潟方面(当駅始発のみ)

2 越後線(下り)白山新潟方面
  • 日中は、ほとんどの列車が当駅で交換する。
  • 8時台に新潟 - 関屋間を折り返す列車が1往復設定されている(休日運休)。

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗車人員は2,033人。橋上化以降増加傾向で、2013年度には2,000人を突破した。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1981 1,205
1991 ? 3,079(乗降客)
2000 1,569
2001 1,635
2002 1,613
2003 1,582
2004 1,572
2005 1,593
2006 1,644
2007 1,768
2008 1,794
2009 1,725
2010 1,804
2011 1,876
2012 1,957
2013 2,033

駅周辺[編集]

周辺は古くからの住宅地であるが、近年マンション建設も盛んに行われている。

かつては工業地区でもあり、駅南東側には以前、工業用潤滑油などを加工する歴世礦油の工場があり、越後線が貨物輸送を行っていた頃には引込線も設置されていた。しかし1996年に発生した工場火災事故の影響もあり、新潟西港に近い同市平和町(現東区平和町)に移転・統合された。歴世礦油から譲渡された跡地は商業地として開発され、関屋ショッピングセンターとなった。

駅前広場には南口・北口ともにロータリーが設けられている。タクシーの常駐はない。

南口側[編集]

数件の飲食店がある。

北口側[編集]

バス[編集]

駅前にはバス停はないが、南口から徒歩約5分の新潟第一高校前バス停と、北口から徒歩約5分の信濃町バス停から各方面への路線バスが運行されている。いずれも新潟交通と地域子会社の新潟交通観光バスの運行による。

新潟第一高校前バス停(南口徒歩約5分)

  • フレンズ前(郊外方面)
    • 620・622 大堀経由 内野営業所
    • 621 大堀・文理高校前・槇尾経由 内野営業所
    • 623 大堀経由 信楽園病院、(西区区バス)文理高校前・中野小屋経由 赤塚駅前
      • 623系統の一部は信楽園病院から先、西区区バスとして運行
    • 630 寺尾経由 内野営業所
    • 631 寺尾経由 上新町
    • 632 寺尾経由 信楽園病院
    • 640 大堀経由 流通センター
    • 641 大堀経由 流通センター・西警察署前
    • 800 平島・ふるさと村経由 大野
    • 802 平島・ときめき経由 大野
    • 810 平島・ふるさと村・大野・大通経由 白根・潟東営業所
    • 813 【快速】平島・ふるさと村・大野・大通経由 白根・潟東営業所
    • 820 平島・ふるさと村・大野・味方経由 西白根・月潟
    • 821 平島・ふるさと村・大野・味方経由 西白根・潟東営業所
    • 830 平島・ふるさと村・大野経由 木場学校前
  • 第一高校前(市内方面)
    • 古町経由 新潟駅前(上述のうち下記を除く全系統)
    • 622 千歳大橋経由 県庁前・美咲合同庁舎
    • 624 【モーニングライナー】南高校前・笹出線経由 新潟駅南口
    • 812 【モーニングライナー】学校町経由 新潟駅前

信濃町バス停(北口徒歩約5分)

  • 第四銀行前(青山・小針方面)
    • 11・12 青山本村・小針二丁目経由 西部営業所
    • 600・605 西小針経由 内野営業所
    • 601 西小針経由 新潟大学前
    • 602・606 西小針・新潟大学・五十嵐二ノ町経由 内野営業所
    • 607 西小針経由 信楽園病院
  • くすりのコダマ前(有明・五十嵐方面)
    • 11A・12・12B (西循環線)信濃町先回り・浜浦町経由 新潟駅前
    • 610 有明経由 内野営業所
    • 611 有明経由 五十嵐一ノ町・グリーン団地前
    • 612 有明経由 信楽園病院
  • ウオロク前(市内方面・郊外線のみ)
    • 学校町・古町経由 新潟駅前(上述のうち下記を除く全系統)
    • 605・606 千歳大橋経由 県庁前・美咲合同庁舎
    • 608・614 【モーニングライナー】学校町・南高校前・笹出線経由 新潟駅南口
  • ウオロク裏(市内方面・市内線のみ)
    • 11・12A (西循環線)浜浦町先回り・学校町・古町経由 新潟駅前

歴史[編集]

新潟付近鉄道路線図
2005年秋をもって閉鎖・撤去された旧駅舎
橋上駅舎への改築工事の間に使われた仮駅舎

旧新潟競馬場[編集]

かつて北口側には新潟競馬場があった。1906年に開場し、週末には多くの人々が越後線を利用して来場していたといわれている。当駅周辺はかつて「競馬町」という通称で呼ばれていた。

しかし信濃川の分水路として関屋分水路が開削されるにあたり、計画ルート上にある住宅等を移転させる必要が生じたため、旧競馬場は1964年に閉鎖され、翌1965年5月から当時の豊栄市笹山(現新潟市北区笹山)に移転。跡地は掘削地の代替住宅地として再開発され、周辺には競馬場そのものの痕跡は残っていない。なお、信濃町地内にある関分公園内には「新潟競馬場跡の碑」が建立されている。

この“関屋”の名は、新潟競馬場開催の重賞競走「関屋記念」として遺されている。当駅周辺では、西側(内野寄り)にある「競馬場踏切」などの名称が、この周辺にかつて競馬場があったことを表している。この他、かつては青果店や鮮魚店、精肉店などが集積した「競馬町マーケット」が競馬場踏切北側に所在したが、老朽化等のため2007年6月30日をもって閉鎖となり、2008年2月に撤去された。

東関屋駅[編集]

南口から南西へ徒歩約5分のところに新潟交通電車線東関屋駅があった。現在は駅舎・駅施設とも既に撤去されており、跡地は市や民間に売却され、市営住宅(アパート)をはじめ福祉施設やマンションなどが建設された。

橋上駅舎化[編集]

当駅はこれまで南側にしか駅舎がなかったため駅北側からは利用しにくく、また合理化のため、夕方の通勤時間帯を過ぎると駅舎は施錠・消灯され窓口等が利用できないなど、利用者や周辺住民からは不評で、新潟市やJR東日本新潟支社には北口駅舎の開設や橋上駅舎化を求める意見がしばしば寄せられていた。

新潟市とJR新潟支社は2003年度から関屋駅の橋上化事業に着手し、2005年11月に改築工事に着工、2006年12月9日に橋上駅舎と自由通路が完成し供用を開始した。引き続き南北エントランス部に駅前広場を設ける工事を実施し、2007年夏に完工した。なお、改札口内には「関屋駅 いま・むかし」という案内板が設置されており、2007年及び1931年現在の地図及び旧駅舎の写真が描かれている。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
越後線
青山駅 - 関屋駅 - 白山駅

脚注[編集]

  1. ^ 「軽便鉄道停車場設置」『官報』1913年11月20日(国立国会図書館デジタル化資料)
  2. ^ 「日本国有鉄道公示第150号」『官報』1951年6月22日(国立国会図書館デジタル化資料)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]