鉄嶺市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 遼寧省 鉄嶺市
新区にできたダイヤモンド広場前の新市政府ビル
新区にできたダイヤモンド広場前の新市政府ビル
遼寧省中の鉄嶺市の位置
遼寧省中の鉄嶺市の位置
簡体字 铁岭
繁体字 鐵嶺
Tiělíng
カタカナ転記 ティエリン
国家 中華人民共和国
遼寧
行政級別 地級市
面積
- 総面積 12,985 km²
人口
- 総人口(2010) 3,051.184[1] 万人
経済
電話番号 24
郵便番号 112000
行政区画代碼 211200
公式ウェブサイト http://www.tieling.gov.cn/

鉄嶺市(てつれい-し)は 中華人民共和国遼寧省に位置する地級市

地理[編集]

鉄嶺市は遼寧省北部、松遼平原の中央に位置し、南は瀋陽撫順市、北は吉林省四平市、東は撫順市清原満族自治県、吉林省遼源市と接する。西は瀋陽市法庫県、康平県、内モンゴル自治区科尓沁左翼后旗、通遼市である。

市内には京哈線哈大線鉄嶺駅が置かれ、馬蜂溝を外港としている。

歴史[編集]

春秋戦国時代は東胡の居住地であり、恵王により遼東郡が設置された[要出典]代の望平県に比定される[2]唐代渤海越喜の勢力地を支配下に治め富州(現在の鉄嶺城)と改称した。は上京道銀州新興県と改め、代に入った後も新興県は存続する[3]代に県は廃止され、咸平府に編入された。明代になると鉄嶺市の南に鉄嶺衛が設置されるが、後に鉄嶺衛は北に移転される[2]

1664年清朝により衛が廃止され鉄嶺県が設置され、盛京省奉天府に区画される[2]日露戦争後には日本人居留地が増加し、日本軍の駐屯も実施された。1914年に奉天省遼瀋道に編入される。

国共内戦では中国国民党に対する武装ゲリラ戦が行われ、1948年10月28日に解放軍が入城した。

民族[編集]

漢族満族朝鮮族蒙古族回族シボ族ウイグル族オロス族など31民族が住む[1]。開原市と西豊県は少数民族が多く、それぞれ54.5%と40.8%を占める[要出典]。満族は開原市と西豊県に多く、 朝鮮族は開原市と鉄嶺県、清河区、銀州区に多い[要出典]

行政区画[編集]

市街区の市政路にある銀州区人民政府ビル(もと鉄嶺市人民政府ビル)

2市轄区・2県級市・3県を管轄する。

鉄嶺市の市街区から南南西11キロ離れたところに新区(鉄嶺県凡河新城区)の建設が進んでおり、以前銀州区市政路にあった市政府は2010年から新区のダイヤモンド広場(詀石広場)・如意湖前に移転していて、旧市政府の建物は銀州区政府の建物になっている。

2011年に瀋陽市撫順市とともに市の電話区域番号は024-になった。

年表[編集]

鉄嶺専区(1955年-1958年)[編集]

  • 1955年11月11日 - 新賓県清原県西豊県昌図県開原県康平県法庫県鉄嶺県を編入。鉄嶺専区が成立。(8県)
  • 1956年5月23日 (8県)
  • 1956年7月3日 (8県)
    • 撫順市章党区の一部が鉄嶺県・清原県に分割編入。
    • 撫順市撫西区の一部が鉄嶺県・清原県に分割編入。
  • 1958年12月20日
    • 鉄嶺県・法庫県・康平県・開原県・昌図県・西豊県が瀋陽市に編入。
    • 新賓県・清原県が撫順市に編入。

鉄嶺地区(1968年-1984年)[編集]

  • 1968年12月26日 - 瀋陽専区が鉄嶺専区に改称。(7県)
  • 1969年12月18日 - 新民県瀋陽市に編入。(6県)
  • 1970年7月13日 - 鉄嶺専区が鉄嶺地区に改称。(6県)
  • 1979年8月30日 - 鉄嶺県の一部が分立し、鉄嶺市が発足。(1市6県)
  • 1981年9月21日 - 鉄嶺県・法庫県のそれぞれ一部が合併し、鉄法市が発足。(2市6県)
  • 1984年6月30日
    • 鉄嶺市が地級市の鉄嶺市に昇格。
    • 鉄法市・鉄嶺県・開原県・西豊県・昌図県・康平県・法庫県が鉄嶺市に編入。

鉄嶺市[編集]

  • 1984年6月30日 - 鉄嶺地区鉄嶺市が地級市の鉄嶺市に昇格。銀州区が成立。(3区6県)
  • 1986年9月12日 - 鉄法区が市制施行し、鉄法市となる。(2区1市6県)
  • 1988年12月27日 - 開原県が市制施行し、開原市となる。(2区2市5県)
  • 1992年12月12日 - 康平県・法庫県が瀋陽市に編入。(2区2市3県)
  • 1998年 - 開原市の一部が清河区に編入。(2区2市3県)
  • 2002年2月20日 - 鉄法市が調兵山市に改称。(2区2市3県)

経済[編集]

石炭、電力、冶金、機械工業、化学などの重工業が発達している[4]。中華人民共和国による解放後、鉄鋼工場が建設された[5]

全市粮食生産量は25億キロ、うちトウモロコシが20億キロで全省生産量の三分之二を占める[要出典]。トウモロコシの副産物であるフルフラールの中国最大の工場がある。また牧畜業も盛んで、牛肉豚肉鹿肉羊肉などを生産する。

農産物、綿布の集散地でもあり、町から出荷される鉄嶺綿布が有名である[3]

教育[編集]

大学[編集]

観光[編集]

次のような見どころがある。

  • 銀岡書院(清朝からの教育機関、周恩来も幼時にここで学んだ)
  • 鉄嶺大劇院(中国の漫才二人転が毎晩演出され、趙本山もここで出発した)
  • 唐代に建立された円通寺の白塔
  • 李成梁の春花楼
  • 龍首山・龍尾山公園
  • 明の洪武年間(1368年 - 1398年)に建設された城壁[3]
  • 柴河水庫(1974年に竣工したダム)

出身者[編集]

友好都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 人口民族(鉄嶺市人民政府)(2013年5月閲覧)
  2. ^ a b c 『精選中国地名辞典』、572-573頁
  3. ^ a b c 押野「鉄嶺」『アジア歴史事典』6巻、439頁
  4. ^ 張治国監修『最新中国地名事典』(日外アソシエーツ, 1994年5月)、339頁
  5. ^ 青木千枝子「ティエリン」『世界地名大事典』7巻(朝倉書店, 1974年3月)、820頁

参考文献[編集]

  • 押野昭生「鉄嶺」『アジア歴史事典』6巻収録(平凡社, 1960年)
  • 『精選中国地名辞典』(塩英哲編訳, 凌雲出版, 1983年3月)

外部サイト[編集]