金州区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 遼寧省 金州区
向応広場。関向応像(左)、旧博物館(後)
向応広場。関向応像(左)、旧博物館(後)
簡体字 金州
繁体字 金州
Jīnzhōu
国家 中華人民共和国
遼寧
副省級市 大連市
行政級別 市轄区
政府所在地 斯大林路687号
建置 漢代
改称 1987年
区長 呉継華
面積
- 総面積 1,074.6 km²
人口
- 総人口(2009年末) 48.1660 万人
経済
電話番号 0411
郵便番号 116100
行政区画代碼 210213
公式ウェブサイト http://www.lnjinzhou.gov.cn/
金州の新博物館(北郊外で、2009年に開館予定)

金州区(きんしゅう-く)は中華人民共和国遼寧省大連市に位置する市轄区。区内には大連経済技術開発区がある。旅順、大連が成立する以前は、金州が地区の中心地であった。

地理[編集]

金州区は低山丘陵区に属し、区内は中部を低山丘陵区、東部を丘陵漫岡区、沿海部を河流沖積小平原区と三分することができる。東を黄海(大連湾など)、西を渤海(金州湾および普蘭店湾)、北を普蘭店市、南を甘井子区に隣接する。区内南部には開発区、保税区、DDポートなどが設置され輸出拠点として開発されている。

区内には大黒山、小黒山、黄海に流れ込む登沙河などがあり、北大河水庫、鴿子塘水庫、什字街水庫などのダムが建設されている。

冬季の金州区は、黄海側は不凍港であるが、渤海側は1月から2月にかけて凍結し水運の利用ができない。

歴史[編集]

旅順に軍港、大連に商港が設置される以前は、中央より派遣された官僚は金州に居を構えておりこの地方の行政、経済の中心地であった。以前は城郭都市であり、金州博物館でその模型を見ることができるが、城壁は解放後に撤去されている。

戦国時代から秦代にかけて遼東郡の管轄とされた。漢初に遼東郡の下の沓氏県の管轄となり、沓氏県は三国時代魏朝により東沓県と改称された。

晋代になると東沓県は廃止となり遼東郡平郭県(現在の熊岳鎮)の管轄とされたが、404年元興3年)に高句麗の版図に組み込まれた。唐朝は成立すると高句麗への軍事行動を起こし、645年貞観19年)には卑沙城(現在の金州区大黒山)を攻略し支配権を獲得、668年総章元年)、唐朝はこの地に安東都護府を設置している。遼代になると926年天顕元年に東京遼陽府蘇州の下に来蘇県が設置されその管轄とされた。

1143年皇統3年)、金朝は来蘇県を化成県と改称、復州の管轄としたが、1216年貞佑4年)、化成県は金州とに昇格され、金州の名称が初めて登場した。

1284年至元21年)、金州は金州万戸府'に改編、遼陽行省の管轄とされた。明代になると1371年洪武4年)に遼都衛と改称されたが、1375年(洪武8年)には金州衛と改称されている。1734年雍正12年)、清朝は金州を寧海県と改編、奉天省の管轄とされ、清後期の1843年道光23年)には寧海県は金州庁と改称されている。

清末期の1898年光緒24年)、ロシア帝国租借地とした大連に商港を建築し、現在の港湾都市としての基礎が築かれている。1904年(光緒30年)に日露戦争が勃発すると金州一帯はその戦場となった。同年日本軍は黄海側より上陸し金州を占拠、翌年、ポーツマス条約が締結されると遼東半島におけるロシア権益は日本側に移譲されることとなり、現在の金州区全域及び普蘭店市南部が日本に租借され関東州となり日本の勢力下に置かれることとなった。中華民国が成立すると1913年に金州は金県と改称されたが、日本租借地であるため行政権が行使されることはなかった。1915年に関東州の租借権が99年間延長され、その後の満州国建国もあり、金州は日本の中国大陸における重要拠点としての地位を確立している。

1945年ソビエト軍の満州国侵攻により金州も占領され、翌年1月には中国共産党の指導による政府が樹立された。1949年4月27日、金県は旅大行署区の管轄となり、翌年12月より1959年12月まで旅大市の管轄とされた。1966年6月12日、金県は遼南専区に一時移管されたが、1968年12月26日に再び旅大市に移管され、1981年2月に大連市に移管されている。

1987年5月20日、金県は大連の市轄区に移管されることとなり金州区が成立し現在に至る。1890年代後半より大連開発区が設置され、また大連市のベッドタウンとしても近年開発が進められている。

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 金州区
前漢 沓氏県
後漢 沓氏県
三国 沓氏県
西晋 廃止
東晋十六国 -
南北朝 -
-
-
五代 -
北宋/ 来蘇県
南宋/ 化成県(1143年)
金州(1216年)
金州万戸府
遼都衛(1371年)
金州衛(1375年)
寧海県(1734年)
金州庁(1843年)
中華民国 金県
満州国 関東州租借地
現代 金県
金州区(1987年)

行政区画[編集]

  • 街道弁事所:光明街道、先進街道、友誼街道、囲政街道、站前街道、中長街道、亮甲店街道、石河街道、登沙河街道 、三十里堡街道、二十里堡街道
  • :華家屯鎮、向冪鎮、杏樹屯鎮、大魏家鎮
  • :七頂山満族郷

交通[編集]

文化[編集]

金州体育場は大連市最大の運動競技施設であり、プロスポーツ大会や国際スポーツ大会が開催される。

教育[編集]

高等教育

各種学校

  • 大連楓葉国際学校(Maple Leaf International School、開発区)
  • 大連韓国国際学校(開発区)
  • 大連モデル学校(開発区)

観光[編集]

  • 向応広場(町の中心)とスターリン路歩行者天国
  • 金州副都統衛(清朝時代の役所、正岡子規句碑所在地)
  • 金州博物館(向応広場の北側にあったのが取り壊されて、北郊外に新博物館を建設中)
  • 龍王廟(道教)、金州教堂(キリスト教)など
  • 南山(日露戦争の激戦区、乃木希典詩碑は旅順日露監獄の倉庫に所在)
  • 大黒山、勝水寺観音閣、観水響、朝陽寺

大連開発区(大連経済技術開発区)

  • 砲台山公園、東山風景区、凱倫国際温泉クラブなど

金石灘国家旅游度假区

  • 発見王国、中華武館、蝋人形館、国際ゴルフ場など

金州古八景[編集]

古来、金州古八景が伝わっている。[1]

  • 南閣飛雲(大黒山・観音閣勝水寺)
  • 響泉消夏(大黒山・観水響)
  • 山城掛月(大黒山・卑沙城)
  • 朝陽飛雪(大黒山・朝陽寺)
  • 兜率新鐘(玉皇廟)
  • 鯨台吊古(釣鯨台)
  • 龍島帰帆(龍王廟)
  • 仏洞滴泉(夢真窟)


友好都市[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

金州区人民政府