荘河市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 遼寧省 荘河市
荘河市政府ビル(新華広場)
荘河市政府ビル(新華広場)
旧称:蓋平・紅崖子


簡体字 庄河
繁体字 莊河
Zhuānghé
カタカナ転記 ヂュアンホー
国家 中華人民共和国
遼寧
副省級市 大連市
行政級別 県級市
建置 1906年
市長 孫宏
面積
- 総面積 3,900 km²
人口
- 総人口(2008末) 92.3 万人
経済
電話番号 024
郵便番号 116400
ナンバープレート 遼B
行政区画代碼 210283
公式ウェブサイト http://www.dlzh.gov.cn/
荘河バスステーション(手前は大連荘河中距離バス)
金荘線荘河駅と駅前広場

荘河市(しょうが-し)は中華人民共和国遼寧省大連市に位置する県級市普蘭店市瓦房店市と共に「北方3市」のひとつであり、海岸地域と海域はかつて日清戦争の戦場となった。

2010年4月前後より、市幹部の汚職および再開発計画に反対する農民を中心とする1000人規模のデモが起こっている。 又、それにともない市長が解任されている。[1]

地理[編集]

荘河市は中国遼寧省東南部、黄海北岸、遼東半島の東側に位置している。市域を荘河、碧流河、英那河などが流れ、海に向かって北高南低の地勢となっている。大連市の水道はほぼ荘河市のダムから取水している。市内王家島には、絶滅に瀕しているクロツラヘラサギの繁殖地がある。

歴史[編集]

1906年光緒32年)10月に設置された荘河庁を前身とする。中華民国が成立すると1913年民国2年)に荘河県と改称、1992年9月21日に県級市に昇格した。

2002年7月18日に三架山満族郷が仙人洞鎮に、観架山郷が昌盛街道に統合された、2003年6月には長海県より石城列島の石城郷、王家鎮が編入されている。

人口[編集]

荘河市には16の少数民族が居住し、総人口の7.5万人、全市の人口の総計の8.2%を占める。内訳は満族モンゴル族回族朝鮮族シボ族チワン族ミャオ族ヤオ族リー族ダウール族ウイグル族タイ族ジン族高山族オロチョン族エヴェンキ族。そのうち満族、モンゴル族、回族、朝鮮族は多数を占めて、この4つの少数民族の人口は全市の少数民族の総人口90%以上を占める。満族はおよそ7万人、太平嶺、塔嶺、呉炉、青堆子、仙人洞などの郷や鎮に居住する。モンゴル族はおよそ200人で、大営、塔嶺鎮に主に居住する。回族はおよそ1,000人で、おもに明陽鎮などに居住。朝鮮族は300人前後。おもに桂雲花満族郷に居住する。

行政区画[編集]

  • 街道弁事所: 新華街道、興達街道、昌盛街道。
  • : 庄河鎮、青堆子鎮、徐嶺鎮、黒島鎮、栗子房鎮、大営鎮、塔嶺鎮、仙人洞鎮、長嶺鎮、荷花山鎮、城山鎮、光明山鎮、大鄭鎮、明陽鎮、蓉花山鎮、呉炉鎮、王家鎮。
  • 郷: 鞍子山郷、蘭店郷、橫道河郷、歩雲山郷、石城郷。
  • 民族郷: 桂雲花満族郷、太平嶺満族郷。

経済[編集]

産業は漁業の他、稲作、トウモロコシの作付けなど糧食生産が盛んに行われている。沿海の砂浜は、小魚、エビ、カニ、貝などを豊富に産出する。ハマグリマテガイなどは世界に輸出されている。

花園口工業区があり、企業を誘致している。 [2] 近くに丹大高速道路の花園口工業区インターチェンジがある。

交通[編集]

  • 丹大高速道路 大連と丹東を結ぶ。花園口、荘河、荘河東インターチェンジなどがある。大連丹東などから高速バスも運行している。
  • 金荘線 金州駅荘河駅を結ぶ非電化のローカル線。大連駅より荘河駅まで1日1往復の列車がある。そして、荘河より丹東側、東港市前陽まで鉄道施設計画がある。当初は単線非電化の予定でだったが、複線電化で、貨客共用。貨物駅として荘河西、その他に荘河北、荘河東など駅が設けられる。開通すれば大連-丹東が鉄道で結ばれることとなる。
  • 荘河港 沖合の石城島へ貨客フェリー、大連・丹東へ貨物船、海産物の水揚げ。

観光[編集]

  • 冰峪溝(ピンユーコウ):大連の小桂林
  • 銀沙灘国家森林公園
  • 歩雲山(大連市の最高峰1130m)、歩雲山温泉
  • 観駕山、玉皇廟

 

脚注[編集]

  1. ^ China mayor dismissed for ignoring corruption protests
  2. ^ 大連・花園口経済区

外部リンク[編集]

ギャラリー[編集]

中国地名の変遷
建置 1906年
使用状況 荘河市
荘河庁
中華民国 荘河県
満州国 荘河県
現代 荘河県
荘河市(1992年)