昌図県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 遼寧省 昌図県
簡体字 昌图
繁体字 昌圖
Chāngtú
カタカナ転記 チャントゥー
国家 中華人民共和国
遼寧
地級市 鉄嶺市
行政級別
政府所在地 昌図鎮政府路16号
建置 1807年
改称 1913年
面積
- 総面積 4,321.7 km²
人口
- 総人口(2004) 103 万人
経済
電話番号 0410
郵便番号 112500
行政区画代碼 211224


昌図県(しょうず-けん)は中華人民共和国遼寧省鉄嶺市のに位置する

地理[編集]

昌図県は遼寧省最北部、東経123°32′から124°26′、北緯42°23′から43°29′に位置し、四季が明確な温帯湿潤季節風大陸性気候により豊富な日照時間と、年間降水量655mmという自然条件に恵まれ典型的な北方平原の農業地区となっている。

北は吉林省四平市と、西はカラチン左翼モンゴル族自治県と接する。漢民族を初め満州族回族朝鮮族など21の民族が居住する。

歴史[編集]

県名はモンゴル語の「常突額爾克」の前の2字の発音から取られ緑色の大草原を意味する単語による。

1807年嘉慶12年)、清朝により設置された昌図庁を前身とする。1877年光緒3年)に昌図府に昇格、中華民国が成立すると1913年民国2年に昌図県と改称された。1946年4月に北部に昌北県が分割設置されたが、1954年には昌北県が再統合されている。

行政区画[編集]

23、10を管轄し、その下部に544村委員会を構成する。

  • 鎮:昌図鎮、鴜鷺樹鎮、昌図老城鎮、八面城鎮、三江口鎮、金家鎮、宝力鎮、泉頭鎮、双廟子鎮、馬仲河鎮、亮中橋鎮、老四平鎮、大窪鎮、毛家店鎮、頭道鎮、伝家鎮、四合鎮、朝陽鎮、古楡樹鎮、七家子鎮、東嘎鎮、四面城鎮、前双井鎮。
  • 郷:大興郷、十八家子郷、通江口郷、大四家子郷、後窯郷、長髮郷、太平郷、下二台郷、平安堡郷、曲家店郷。


出身者[編集]

中国地名の変遷
建置 1807年
使用状況 昌図県
昌図庁(1807年)
昌図府(1877年)
中華民国 昌図県
満州国 昌図県
現代 昌図県