寛甸満族自治県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 遼寧省 寛甸満族自治県
虎山長城
虎山長城
簡体字 宽甸
繁体字 寛甸
拼音 Kuāndiàn
カタカナ転記 クアンディエン
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
遼寧
地級市 丹東市
行政級別 自治県
政府所在地 寬甸鎮
県長 宮偉
面積
総面積 6,186 km²
人口
総人口(2004) 44 万人
経済
電話番号 0415
郵便番号 118200
行政区画代碼 210624
公式ウェブサイト http://www.lnkd.gov.cn/

寛甸満族自治県(かんてん-まんぞく-じちけん)は中華人民共和国遼寧省丹東市に位置する民族自治県

歴史[編集]

漢代は西安平県に属し、唐代安東都護府に属した。渤海時代にはすでに寛甸子と呼ばれ、のちに興るの領土となり、金代には西南隅(現・古楼子郷大蒲石河口一帯)に婆速路を置き、婆娑府を開設する。明代には、遼東都指揮使司東寧衛に属する。

1877年光緒2年)、清朝により鳳凰直隷庁の下部に設置された寛甸県を前身とする。中華民国が成立すると1912年民国元年)に奉天省に移管された。満州国崩壊後の1945年(民国34年)、中国共産党は安東第四公暑和第四軍分区の下に寛甸県人民政府を設置、しかし翌年には中国国民党が実効支配を回復、1947年(民国36年)6月に再び共産党が占領すると県人民政府が再設置され安東省(1949年に遼東省、1954年に遼寧省に移管)の管轄とされた。1989年4月に寛甸満族自治県に改編され現在に至る。

民族[編集]

満族漢族朝鮮族モンゴル族回族チワン族シボ族ダウール族ペー族ミャオ族ヤオ族チベット族トゥチャ族トン族、オロス族(ロシア人)など18の民族が居住する。うち満族は総人口53%を占める。

満族が寛甸に入ったのは明代1423年永楽21年)であり、建州衛の満族の首領李満が部下を率いて寛甸の渾江中下流域に定住した。1573年万暦元年)に寛佃(寛奠六堡)を防衛の為に修築するが、すでに北は満族の杲完顔部、東は王兀堂董顎部の支配地域となっていた。1621年天啓元年)、後金を建国した満族は寛甸を占領、域内の住民を八旗制度に編入する。そして満族は周りの民族と交わるなかで、狩猟や薬草採取から農耕民族に変貌していった。

また、寛甸の朝鮮族の多くは、鴨緑江沿岸の青玉潼、楚山、昌城郡等の住民で、災害による凶作、戦乱などにより川を渡って定住した。

回族は、1879年光緒5年)、回族の哈広徳が寛甸県の下級役人になり、その一族や知人が移入したことに由来する。

虎山長城

行政区画[編集]

  •  寬甸鎮、灌水鎮、太平哨鎮、永甸鎮、長甸鎮、毛甸子鎮、青山溝鎮、紅石鎮、牛毛塢鎮、大川頭鎮、八河川鎮、双山子鎮、大西岔鎮、歩達遠鎮、振江鎮、青椅山鎮、楊木川鎮、虎山鎮、硼海鎮。
  •  古楼子郷、石湖溝郷。
  • 民族郷 下露河朝鮮族郷。

特産[編集]

特産品は、燕紅キノコ蜂蜜、沿岸公魚などの農畜産物。英波漁場で養殖された鯉が日本向けに輸出開始された。

観光[編集]

中国地名の変遷
建置 1877年
使用状況 寛甸満族自治県
寛甸県
中華民国 寛甸県
満州国 寛甸県
現代 寛甸県
寛甸満族自治県(1990年)