遼源市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 吉林省 遼源市
旧称:安城・西安
吉林省中の遼源市の位置
吉林省中の遼源市の位置
簡体字 辽源
繁体字 遼源
Liáoyuán
カタカナ転記 リャオユエン
国家 中華人民共和国
吉林
行政級別 地級市
建置 1902年
改制 1952年
面積
- 総面積 5,125 km²
人口
- 総人口(2004) 125 万人
- 市区人口(2004) 43 万人
経済
電話番号 0437
郵便番号 136200
行政区画代碼 220400

遼源市(りょうげん-し)は中華人民共和国吉林省に位置する地級市

地理[編集]

遼源市は吉林省南部、東遼河上流に位置する。市内は丘陵地区により構成され、東高西低の地勢となっている。温帯半湿潤モンスーン気候に属し、年降水量750mm、年平均気温4.5℃、1月の平均気温-17.9℃、7月の平均気温22.8℃。

歴史[編集]

古代においては高句麗の北辺に当り、清代盛京の狩猟場に指定され、一般の立ち入りが禁じられていた地区である。

清末に、禁地を破り大量の漢族が満州へ移住し安城という人口4-5千人の集落が形成され、1902年には奉天省管轄の西安県が成立、現在の遼源の基礎が築かれた。1948年に西安市と改称されたが、陝西省西安市との重複名称を回避すべく1953年に遼源市(当時は県級市)と改称した。またこの間に行政機関の再編が行われて遼寧省から安東省遼西省を経て現在の吉林省に編入されている。

1983年に地級市に昇格した。

行政区画[編集]

2市轄区、2を管轄する。

年表[編集]

遼東省西安市[編集]

遼東省遼源市[編集]

  • 1954年6月19日 - 遼東省の分割により、吉林省遼源市となる。

吉林省遼源市(第1次)[編集]

  • 1958年10月23日 - 遼源市が四平専区に編入。

吉林省遼源市(第2次)[編集]

  • 1983年8月30日 - 四平地区遼源市が地級市の遼源市に昇格。(1市1県)
  • 1983年10月8日 - 遼源市の一部が分立し、東遼県が発足。(1市2県)
  • 1983年12月22日 - 竜山区西安区を設置。(2区2県)
  • 2005年5月10日 - 東遼県の一部が西安区に編入。(2区2県)

経済[編集]

  • 工業には電力、冶金、機械、軽工業と紡績がある。そのなかで紡織品は絹糸、毛糸、コーデュロイで名を知られている。吉林省のプラスチック工業基地である。市の鋼管工場は省内で最大の鋼管工場である。
  • 耕地面積は10.4万ヘクタールで省の主な食糧生産区の一つ。 主要農作物はトウモロコシ大豆コウリャンアワ

資源[編集]

地下資源は主に石炭であり、吉林省の石炭生産基地の一つとなっている。遼源市にある金剛水泥廠のセメント生産量は東北一で、全国で十位以内に入る。


名勝[編集]

  • 解放戦争革命烈士紀念塔
  • 烈士陵園
  • 魁星楼
  • 竜首山