特別捜査令状 - ポーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sonderfahndungsbuch Polen.jpg Sonderfahndungsbuch Polen G.jpg
特別捜査令状の表紙 特別捜査令状「G」の項目

特別捜査令状 - ポーランドSonderfahndungsbuch Polen)は、ナチ党親衛隊情報部(SD)第二局[1]ポーランド在住のドイツ系住民の協力を得て作成した捜査令状。この令状に記載された人物は、来るべきポーランド占領支配期に拘禁または銃殺されることが予定されていた[2]

特別捜査令状はポーランド知識人層(インテリ)の殲滅によるポーランドの「民族浄化」を計画するタンネンベルク作戦の遂行のために作成され、令状作成を中心的に進めたのはラインハルト・ハイドリヒだった。このタンネンベルク作戦自体は、ナチス・ドイツの東方植民地化計画(Generalplan Ost)の一環であった。

令状のリストには6万1000人以上のポーランド人エリートの名前が記載されていた。政治家、知識人、学者、俳優、官僚、地主貴族、カトリック教会聖職者、大学教授、教師、医者、弁護士、さらには1936年のベルリンオリンピックに出場した有名スポーツ選手などである。令状に記載された人々の多くが、特別行動部隊(EGr)自衛団によって殺害されるか、拘束されて強制収容所に送られた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Fritz Arlt: Polen- Ukrainer-Judenpolitik im Generalgouvernement für die besetzten polnischen Gebiete 1939 bis 1940 in Oberschlesien 1941 bis 1943 und im Freiheitskampf der unterdrückten Ostvölker, Lindhorst, Wissenschaftlicher Buchdienst Taege, 1995
  2. ^ Wacław Długoborski: Zweiter Weltkrieg und sozialer Wandel, Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1981, S. 309

参考文献[編集]

  • Andrzej Leszek Szcześniak Plan zagłady Słowian. Generalplan Ost, Polskie Wydawnictwo Encyklopedyczne, Radom, 2001
  • Fritz Arlt: Polen- Ukrainer-Judenpolitik im Generalgouvernement für die besetzten polnischen Gebiete 1939 bis 1940 in Oberschlesien 1941 bis 1943 und im Freiheitskampf der unterdrückten Ostvölker, Lindhorst, Wissenschaftlicher Buchdienst Taege, 1995
  • Wacław Długoborski: Zweiter Weltkrieg und sozialer Wandel, Vandenhoeck & Ruprecht, Göttingen 1981, S. 309

外部リンク[編集]