コンスル (テロ組織)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンスル:Organisation Consul、「執政官組織」の意)は、ヴァイマル共和政時代のドイツにおける極右の地下武装テロ組織。「コンスル」は、オーストリア語の表記。標準ドイツ語バイエルン語では「コンズル」と表記する。

概要[編集]

1921年カップ一揆において首都ベルリンを制圧したフライコールエアハルト海兵旅団の後継組織であり、外相ラーテナウや蔵相エルツベルガーの暗殺など数多くのテロ行為を行い、前身時代を含む1919年から1922年の間に少なくとも354名を殺害したとされる。

徹底した非合法路線をとり、ミュンヘン一揆後は議会主義と合法路線に立ったナチスとは敵対的関係となり、「真の第三帝国」の立場からナチスを西欧デモクラシーの手先でありドイツ民族の敵と批判した。また、「民族ボルシェヴィズム」的路線から、反アングロ・サクソン帝国主義とアジア・アフリカの民族独立・解放運動の連帯を主張した。

1933年ナチス政権確立後、リーダーのヘルマン・エアハルト (de:Hermann Ehrhardt) 大佐はスイスに亡命したが、他のメンバーは、ヴィルヘルム・カナリス国防軍防諜部の士官となったフリードリヒ・ヴィルヘルム・ハインツ (de:Friedrich Wilhelm Heinz) (戦後はゲーレン機関の幹部)や、ウーファに入ったエルンスト・フォン・ザロモンなど、ドイツ国内の諸組織・機関に入り込んだ。

ナチス時代初期には特攻隊員による総統官邸襲撃・ヒトラー暗殺を計画した。また、コンスルの影響下にあったベルリンの突撃隊員は党のベルリン支部を占拠し、制圧に来た親衛隊と大規模な銃撃戦を展開した。その後も国防軍防諜部に依拠し、突撃隊や親衛隊などに秘密組織を形成することで反ヒトラー運動を継続した。

関連項目[編集]

文献[編集]

  • ロラン・ゴーシェ 『テロリスト』 第2部第2章「サント=ヴェームの仲間たち」 学芸書林、1969年