生きるに値しない命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユダヤ人

生きるに値しない命(いきるにあたいしないいのち、ドイツ語: "Lebensunwertes Leben")とは、ナチス・ドイツの人種政策(en:racial policy of the Third Reich)で、ナチ政府によって「生きるに値しない命」と見なされた者が安楽死させられるというホロコーストに繋がった。

経過[編集]

このフレーズは1920年に、法学者のカール・ビンディングen:Karl Binding)と精神科医のアルフレート・ホッヘen:Alfred Hoche)が、その著書のタイトル「Die Freigabe der Vernichtung Lebensunwerten Lebens (生きるに値しない命の破壊は許される)」で初めて用いたものである。

ナチス・ドイツおよびナチ支配下のヨーロッパの国においては、「社会的逸脱者」あるいは「社会的な混乱の原因」と考えられた者が、このカテゴリーに分類された。「社会的逸脱者」のカテゴリーには、精神障碍者身体障碍者、 政治的な反体制派同性愛者混血犯罪者が該当した。一方、「社会的混乱の原因」のカテゴリーには、聖職者共産主義者ユダヤ人ロマエホバの証人、有色人種(コーカソイド以外)、ポーランド人など様々な社会的グループの人々が該当した。これらの中でも、特にユダヤ人は、ほどなくしてジェノサイド政策の主要なターゲットとなった。

この概念は、ナチの観念論者が主張する「生きるに値しない命」を系統的に殺戮する施設である絶滅収容所によってクライマックスを迎えた。さらにこの概念は、ナチス・ドイツの人種政策だけでなく、様々なナチス・ドイツの人体実験ナチス・ドイツの優生学en:Nazi eugenics)をも正当化した。「生きるに値しない命」の対象にはスラヴ系諸民族、とりわけドイツに隣接するポーランド人も含まれていた。

最高指導者アドルフ・ヒトラーは、東部戦線の将校に対して、すべてのポーランド系またはポーランド語を話す男性、女性、子供を、「哀れみや慈悲をかけずに」殺すように指示を書き取らせ、ハインリヒ・ヒムラーは、「すべてのポーランド人は、この世から消えるだろう。優秀なドイツ人が、ポーランド人を破壊することが、主要な任務であるとみることは最重要だろう。」と書き残している。ヒトラーが著した「我が闘争」にあるように、ナチスは最終的には東欧生存圏として支配し、ここに居住するスラヴ系諸民族を排除することを目指していた。

関連書籍[編集]