微細藻燃料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

微細藻燃料とは化石燃料に対する代替燃料として藻類を利用して生産されるもののことである。いくつかの企業や政府系のエージェントが資本を投下し、その操業コストを削減し藻類による燃料の生産が商業的に成りたつよう努力を重ねている[1]。燃料として燃焼された時に全て吸収された二酸化炭素は再度放出されてしまうので大気中の二酸化炭素を減少させるというものではない。しかしながら化石燃料の燃焼により新規に二酸化炭素が放出されるのをそれにとってかわることで潜在的には減少させることになるといえる。

脚注[編集]