大中山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大中山駅
大中山駅2013年12月からの新駅舎(2013年12月)
大中山駅2013年12月からの新駅舎(2013年12月)
おおなかやま - Ōnakayama
H73 桔梗 (2.1km)
(3.4km) 七飯 H71
北海道亀田郡七飯町大中山1丁目
駅番号 H72
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 10.4km(函館起点)
電報略号 オウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1946年昭和21年)12月1日
備考 無人駅

大中山駅(おおなかやまえき)は、北海道亀田郡七飯町大中山1丁目2番地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号H72電報略号オウ

快速「アイリス」の停車駅となっている。

2013年11月までの旧駅舎(2009年9月)

歴史[編集]

1976年の大中山駅と周囲約500m範囲。下が函館方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
ただし、国鉄末期の余剰人員対策として、職員が駐在し、管理駅が七飯駅であることから、「B七飯駅発行」と記載のある乗車券を販売していた。その後の簡易委託駅化は昭和61年11月1日に行われたものと思われる。同様の取扱いがあった駅として、仁山信号場(B渡島大野と記載、現在の仁山駅)、鹿部駅(B大沼と記載)、渡島砂原駅(B森と記載)がある。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する複線区間の地上駅転轍機を持たない棒線駅となっている。互いのホームは両ホーム北側を結んだ跨線橋で連絡している[2]

のりば
1 函館本線(上り) 函館方面
2 函館本線(下り) 七飯長万部方面

簡易自動券売機設置で七飯駅管理(夜間連絡先は五稜郭駅)の無人駅となっているが、有人駅時代からの木造平屋建ての駅舎が残っていた。旧駅舎は構内の東側(旭川方面に向かって右手側)に位置し、上り線ホームに接していて[2]、出札窓口は閉鎖されていた[3]。また開口部が塞がれていて、駅舎外の別の小さい建物に汲み取り式トイレを有していた。

2013年12月12日から供用が開始した新駅舎のトイレ(水洗)は、JR側は「無人駅にはトイレは設置しない」ということであったが、通勤通学などの利用客が多いため、トイレは七飯町が設置した。

駅名の由来[編集]

当駅の所在する地名より。地名は、村内を流れる大川から村名に採用された大川村と、1858年安政5年)当時の箱館奉行所の開拓係・中島辰三郎名字から採用された中島村の2村が合併の折、村名を大中山村としたことに由来する[3]

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は441人[4]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は334人[2]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
函館本線
桔梗駅 (H73) - 大中山駅 (H72) - 七飯駅 (H71)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本鉄道旅行地図帳 1号 北海道』 今尾恵介新潮社2008年、26頁。ISBN 978-4-10-790019-7
  2. ^ a b c 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)36-37ページより。
  3. ^ a b c 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)13ページより。
  4. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)24ページより。

関連項目[編集]