国縫駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国縫駅
国縫駅舎(2008.5.6)
国縫駅舎(2008.5.6)
くんぬい - Kunnui
H50 北豊津 (4.6km)
(4.9km) 中ノ沢 H48
所在地 北海道山越郡長万部町字国縫
駅番号 H49
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線
キロ程 102.8km(函館起点)
電報略号 クニ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1903年明治36年)11月3日
備考 無人駅
国縫駅
くんぬい - Kunnui
(5.6km) 茶屋川
所属事業者 Japanese National Railway logo.svg日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 瀬棚線
キロ程 0.0km(国縫起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1929年昭和4年)12月13日
廃止年月日 1987年(昭和62年)3月16日
備考 瀬棚線 廃線
駅構内函館方面に向かっての撮影。左から1番、2番、3番ホーム。(2008.5.6)

国縫駅(くんぬいえき)は、北海道山越郡長万部町字国縫にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線である。駅番号H49電報略号クニ

かつては瀬棚線が分岐駅しており、急行ニセコ」(下り)・「せたな」が停車していた。現在は快速アイリス」が停車する。駅名は、アイヌ語の「クンネ・ナイ」(黒い川)に由来する。

歴史[編集]

1976年の国縫駅と周囲約1km範囲。下の右が本線複線の函館方面、左へカーブして行くのが瀬棚線瀬棚方面。駅裏に数本の留置または仕分線があり、長万部方に本線に沿って引上線が伸びる。駅裏の木工場の土場と駅舎横函館方面の貨物ホームへ引込み線を有し、それぞれ貨車が留置されている。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム・島式ホーム混合の2面3線を持つ地上駅。駅舎は昔ながらのものが残っており、単式ホームに接している。長万部方面列車に乗車する際は跨線橋を利用する。3番ホームは旧瀬棚線が使用していた。1992年に簡易委託が廃止され、現在は無人駅となっている。

のりば
1 函館本線(上り) 函館方面
2・3 函館本線(下り) 長万部方面

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
快速「アイリス」(当駅から中ノ沢方面の各駅に停車)
黒岩駅 (H51) ← 国縫駅 (H49)中ノ沢駅 (H48)
普通
北豊津駅 (H50) - 国縫駅 (H49) - 中ノ沢駅 (H48)

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道(国鉄)
瀬棚線
国縫駅 - 茶屋川駅

関連項目[編集]