東森駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東森駅
東森駅舎
東森駅舎
ひがしもり - Higashi-Mori
N64 尾白内 (1.6km)
(1.8km) H62
所在地 北海道茅部郡森町港町
駅番号 N63
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線(砂原支線)
キロ程 33.5km(大沼起点)
電報略号 ヒモ←カモ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1927年昭和2年)12月25日
備考 無人駅

東森駅(ひがしもりえき)は、北海道渡島総合振興局茅部郡森町港町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)のである。駅番号N63電報略号ヒモ

歴史[編集]

1976年の東森駅と周囲約750m範囲。右が鹿部・大沼方面。写真左側から下へ函館本線が別れる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の南側(森方面に向かって左手側)に存在する[3]転轍機を持たない棒線駅となっている[3]

森駅管理の無人駅となっている。駅舎は構内の南側に位置し、かつて側線があったために構内は比較的広くホームとは構内踏切で連絡している[3]。正面外観がほぼ三角形の[4]、赤い屋根が地面まで延びている特異な形状の駅舎となっている。1994年(平成6年)ごろ、駅舎内は落書きや放火で荒れ放題であったが、現在では改善している。

渡島海岸鉄道時代と同じ位置にあるが、仮駅時代は位置が違っており[1]、現在の駅の300mほど西にあった[5]

駅名の由来[編集]

「森駅」の東に位置するために[6]「東」を冠する。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は20人[7]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は28人[3]

駅周辺[編集]

住宅街の中に位置する[4]

  • 北海道道1028号森砂原線
  • 森港郵便局
  • 森漁業協同組合
  • 株式会社マルハニチロ食品 化成バイオ事業部
  • 株式会社マルハニチロ北日本 森工場
  • 株式会社ニチレイフーズ 森工場
  • 日本冷凍食品事業発祥の地碑
  • 森漁港
  • 内浦湾
  • 駒ケ岳
  • 函館バス「港町」停留所

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
函館本線(砂原支線)
尾白内駅 (N64) - 東森駅 (N63) - 森駅 (H62)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)14,27ページより。
  2. ^ 森町史 昭和55年3月発行。
  3. ^ a b c d 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)39ページより。
  4. ^ a b 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)24ページより。
  5. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くX』(JTBパブリッシング2003年10月発行)48-49ページより。
  6. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)31ページより。
  7. ^ 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館、1983年7月発行)54ページより。

関連項目[編集]