古朝鮮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
櫛目文土器時代
無文土器時代
辰国

三韓
古朝鮮 檀君朝鮮
箕子朝鮮
衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 馬韓

漢四郡
三国 任那 百済 高句麗
新羅
熊津安東都護府
南北国 統一
新羅
安東都護府
後三国 新羅 後百済 泰封 東丹国
高麗
双城 東寧 耽羅
元朝
高麗
李氏朝鮮
大韓帝国
日本統治時代
連合軍軍政期
大韓民国 朝鮮民主主義人民共和国
Portal:朝鮮

古朝鮮(こちょうせん)とは、王朝武帝による漢四郡(紀元前108年)以前の古代朝鮮の総称で、後代の李氏朝鮮と対応して使用される。具体的には、檀君朝鮮箕子朝鮮衛氏朝鮮の3国家を指すが、檀君朝鮮は伝説的存在で、実証的な歴史学においては、箕子朝鮮・衛氏朝鮮のみを指すことが多い。檀君朝鮮が存在したという物的証拠が何一つ発見されていないため史実的な根拠は極めて薄弱であるが、韓国では紀元前2333年に檀君朝鮮が建国されたとして検定教科書(中学校は歴史、高校は韓国史)の中に歴史的事実として記述されている。李氏朝鮮がまだ存在しない13世紀に著された『三国遺事』の「古朝鮮」は、衛氏朝鮮・箕子朝鮮に対応する形で檀君朝鮮を指しており、現在の韓国でも単純に古朝鮮と呼ぶ場合は、この檀君朝鮮を指していることが多い。ただし、朝鮮で自国名を「朝鮮」と称するのは、高麗以降のことである。


関連項目[編集]

先代:
先史時代
朝鮮の歴史
古朝鮮
次代:
漢四郡