辰国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
辰国
箕子朝鮮 不明 - 紀元前2世紀 辰韓
首都 不明
元首等
xxxx年 - xxxx年 不明
変遷
不明 xxxx年xx月xx日
辰国
Han Dynasty.jpg
辰国
各種表記
ハングル 진국
漢字 辰國
発音 チング
日本語読み: しんこく
2000年式
MR式
Jin-guk
Chin'kuk
テンプレートを表示
朝鮮歷史
朝鮮の歴史
櫛目文土器時代
無文土器時代
辰国

三韓
古朝鮮 檀君朝鮮
箕子朝鮮
衛氏朝鮮
原三国 辰韓 弁韓 馬韓

漢四郡
三国 任那 百済 高句麗
新羅
熊津安東都護府
南北国 統一
新羅
安東都護府
後三国 新羅 後百済 後高句麗 東丹国
高麗
双城 東寧 耽羅
元朝
高麗
李氏朝鮮
大韓帝国
日本統治時代
連合軍軍政期
大韓民国 朝鮮民主主義人民共和国
Portal:朝鮮

辰国(しんこく)は『史記』や『漢書』の朝鮮伝によれば、衛氏朝鮮の時代(紀元前2世紀)に現在の朝鮮半島の南部にあったという国である。しかし、後述のように、これは写本のミスによって生まれた錯誤でそもそも実在しなかったという説もある(→後述)。記録は少なく、その詳細はほとんどわからない。民族系統は不明であり、群小の国々の総称なのか一国の名なのかもわからない。

概要[編集]

三国志』によると三韓辰韓の前身にあたる国であると見える。しかし極めて資料に乏しい。

初出箇所の問題点[編集]

衛氏朝鮮の滅亡とほぼ同時代史料といえる『史記』の朝鮮伝の中で「真番旁衆国」として書かれたのが初出である。 この部分は版本によっては「真番旁辰国」になっている。約200年後の『漢書』ではこの部分を「真番辰国」と書いているが、単なる誤写なのか、『漢書』が新しい情報に基づいて訂正したのかが論争となる。 またこれらの諸例から類推して「真番衆国」が原形だったと想像することも論理上は可能である。原形がどうであったかによって解釈も以下のように分かれる。

  • 真番旁衆国 - のちの真番郡に該当する地域に隣接して、諸々の小国が存在する一帯があった
  • 真番旁辰国 - のちの真番郡に該当する地域に隣接して、「辰国」なるものが存在した
  • 真番辰国 - (A)のちの真番郡に該当する地域と「辰国」
  • 真番辰国 - (B)のちの真番郡に該当する地域である「辰国」
  • 真番衆国 - (A)のちの真番郡に該当する地域と諸々の小国
  • 真番衆国 - (B)のちの真番郡に該当する地域である諸々の小国

三韓との関係[編集]

『史記』よりもはるか後世に書かれた『三国志』には「辰韓者古之辰国也」とあり、3世紀辰韓は辰国の後身とされている。これに対し、『三国志』よりもさらに新しい『後漢書』では「韓有三種一曰馬韓二曰辰韓三曰弁辰(略)凡七十八国(略)皆古之辰国也」とあり、三韓の地すべてが昔の辰国であるとしていて『三国志』とは異説となっている。いずれにしろ辰国は辰韓または三韓の前身であるとされている。

実在説[編集]

実在説を唱えるものには、『資治通鑑[1]今西龍[2]李丙燾[3]、現在の韓国の学界[4]などがある。

非実在説[編集]

三品彰英は『史記』の「真番旁衆国」が本来の文面だったとしている。「真番辰国」と誤写した『漢書』に辰国があったという観念が流布して、3世紀の『魏略』や『三國志』の「辰国」説につながった。つまり錯誤から生まれたものであり、辰国という実態は歴史上存在しなかったとした[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 11世紀に編まれた『資治通鑑』は『漢書』の「真番辰国」とある部分を単に「辰国」とのみ書いている。
  2. ^ 今西龍は『史記』の異本の「真番旁辰国」を本来の文と考え、のちの真番郡に該当する地域と辰国は隣接していたと唱えた。
  3. ^ 李丙燾は辰国は小国の集まり(部族連盟体)だから「衆国」と書いても同じ事であり、真番は衛氏朝鮮に属していたが辰国は衛氏朝鮮から独立していたとした。
  4. ^ 韓国では辰国を歴史上実在した国とし、紀元前3世紀紀元前2世紀の間に存在した鉄器時代国家であり、細型銅剣文化を有する農耕社会だったとしている。
  5. ^ 井上秀雄によると三品彰英の辰国否定説は今西龍の唱えた実在説への反論だったが、1972年の段階でこの三品説は論破されていないので、非実在説が定説と見なされるべきであるにもかかわらず、不思議なことに日本でも韓国でも辰国実在説をとる学者が多いという。井上秀雄『古代朝鮮』日本放送出版協会(1972)