ミラー・パーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミラー・パーク
Miller Park
ミラー・パーク
施設データ
所在地 201 S. 46th St.
Milwaukee, WI 53201
起工 1996年10月22日
開場 2001年3月30日
所有者 Southeast Wisconsin Professional Baseball District(64%)
ミルウォーキー・ブルワーズ
(36%)
グラウンド 天然芝
建設費 4億ドル
(地元5郡:3億1000万ドル 、
ブルワーズ:9000万ドル)
設計者 HKS Inc.
NBBJ
Eppstein Uhen Architects
建設者 Huber, Hunt & Nichols Inc.
Clark Construction
Hunzinger Construction
Mitsubishi Heavy Industries of America(屋根)
使用チーム • 開催試合
ミルウォーキー・ブルワーズMLB)(2001年 - 現在)
収容能力
42,400人
グラウンドデータ
球場規模 左翼 - 344 ft (約104.9 m)
左中間 - 370 ft (約112.8 m)
中堅 - 400 ft (約121.9 m)
右中間 - 374 ft (約114.0 m)
右翼 - 345 ft (約105.2 m)
バックネット - 56 ft (約17.1 m)
フェンス 8 ft (約2.4 m) ~ 12 ft (約3.7 m)

ミラー・パークMiller Park)は、アメリカウィスコンシン州ミルウォーキーにある野球場MLBミルウォーキー・ブルワーズのホーム球場である。世界で4番目の天然芝の開閉式屋根付き野球場である。

天然芝の美しさもさることながら、球場周辺も緑が豊かで、ミラー・パークは「パーク(公園)の中のパーク(球場)」と言われている。

球場名は、命名権2001年から20年間4100万ドルで買い取ったビール会社ミラーにちなむ。

フィールドの特徴[編集]

左右非対称のフィールドは「球団史上最高の選手」との呼び声高いロビン・ヨーントが設計。旧球場カウンティ・スタジアムは左中間・右中間がそれぞれ392フィート(約119.5メートル)もあったが、ミラー・パークでは短くなっていて、「バッターの天国」と呼ばれている。

設備、アトラクション、演出[編集]

  • 開閉式屋根:他の球場の開閉式屋根と違い、ここの屋根は型をしている。
  • バーニーズ・ダグアウト:ブルワーズの選手が本塁打を打つと、左翼スタンド後方で「Get Up , Get Up , Get Outta Here , Gone ! (打球が伸びる、伸びる、行ったー!)」という文字が点灯する。これはブルワーズ専属アナウンサーボブ・ユッカーのお気に入りのフレーズである。続いて、その文字の下に設置されている滑り台を、球団マスコットのバーニー・ブリュワー(Bernie Brewer)が滑り降りる。
滑り台を滑り降りるバーニー・ブリュワー


主要な出来事[編集]


外部リンク[編集]

前本拠地:
カウンティ・スタジアム
1970 - 2000
ミルウォーキー・ブルワーズの本拠地
2001 - 現在
次本拠地:
n/a
-
先代:
セーフコ・フィールド
MLBオールスターゲーム開催場
第73回(2002年
次代:
USセルラー・フィールド