リッチー・セクソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッチー・セクソン
Richie Sexson
AAAA3659 Richie Sexson.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 オレゴン州ポートランド
生年月日 1974年12月29日(39歳)
身長
体重
6' 8" =約203.2 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手
プロ入り 1993年 ドラフト24巡目
初出場 1997年9月14日
最終出場 2008年8月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リッチモンド・ロックウッド・セクソンRichmond Lockwood Sexson, 1974年12月29日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは一塁手アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド出身。

経歴[編集]

クリーヴランド・インディアンズ[編集]

1993年のMLBドラフトクリーヴランド・インディアンズから24巡目に指名を受け入団。1997年9月14日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。1998年は49試合の出場ながら打率.310・11本塁打を記録する。チームは地区優勝を果たし、ポストシーズンでもロースター入りするが無安打に終わり、チームもリーグチャンピオンシップシリーズで敗退した。1999年は一塁・左翼・指名打者のポジションをこなしながら31本塁打・116打点を記録し、チームの地区優勝に貢献する。ボストン・レッドソックスとのディヴィジョンシリーズでは打率.167に終わり、チームも2勝3敗で敗退。結果的にこれが最後のポストシーズンとなった。2000年7月28日ボブ・ウィックマンらとの交換トレードで、後日発表のマルコ・スクータロら3選手と共にミルウォーキー・ブルワーズへ移籍。

ミルウォーキー・ブルワーズ[編集]

移籍後は打率.296・14本塁打を記録し、シーズン通算で30本塁打・91打点の成績。新本拠地ミラー・パークが開場した2001年は後半戦で打率.293・27本塁打・69打点と調子を上げ、ゴーマン・トーマスが持つ球団記録に並ぶ45本塁打、キャリアハイの125打点を記録する一方で178三振を喫した。2002年は地元ミルウォーキーで開催されたオールスターゲームに初めて選出され、前日に行われたホームランダービーにも出場した。2003年は2年連続でオールスターゲームに選出される。全試合出場を果たし、45本塁打・124打点・98四球を記録。MVPの投票で12位に入った。12月1日クリス・カプアーノクレイグ・カウンセルライル・オーバーベイら6選手との交換トレードで、他2選手とともにアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍。

アリゾナ・ダイヤモンドバックス[編集]

エースのランディ・ジョンソンと共に身長2mを超える投打の柱として「ツインタワー」と呼ばれる。2004年は4月に9本塁打を放つが、左肩の故障のため序盤でシーズン絶望となって23試合の出場に留まり、チームの最下位転落の元凶となった。オフにフリーエージェントとなり、12月15日シアトル・マリナーズと契約。

シアトル・マリナーズ[編集]

マリナーズは前年地区最下位に終わり、打線強化のため他にエイドリアン・ベルトレを獲得するなど大型補強を敢行した。2005年は前年の故障から復活し、打率.263・39本塁打・121打点を記録したが、チームは2年連続で最下位だった。2006年は序盤から不振に陥り、8月上旬まで打率.220台だったがその後は持ち直し、打率.264・34本塁打・107打点をマーク。チームは3年連続で最下位に終わる。2007年は開幕から絶不調が続いたが、その高額年俸もあって試合に出場し続けたため首位を争うチームの足を引っ張る形となり、比較的温厚なシアトルのファンからもブーイングが浴びせられるという状況が続いた。最終的に打率.205・21本塁打・63打点と散々な成績に終わり、チームもポストシーズン進出を逃した。2008年も不振は続き、7月10日にマリナーズから解雇された[1]7月18日ニューヨーク・ヤンキースと契約[2]

引退[編集]

ヤンキースでは相手が左投手の際の先発や試合終盤の守備固めとして起用されたが、8月15日に解雇され、引退。

獲得タイトル・記録[編集]

選手としての特徴[編集]

  • 身長2mを超える長身選手。バットに当たればボールはスタンド最上段まで飛び込むほどのパワーを持つ。「打てる球・打てない球がはっきりしている打者」とされ、打てる球をじっくり待つタイプのため、追い込まれて三振するケースも多く、毎シーズンのように150三振前後を記録する。
  • 一塁守備ではその長身を活かして、普通なら送球ミスになってしまうような悪送球も捕球できる強みがある。守備範囲こそ広くないが、意外にも打球に対して俊敏な動きを見せることもある。高校時代、バスケットボールで州のオールスターに選ばれているだけあり、身のこなしはよい。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 CLE 5 11 11 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 .273 .273 .273 .546
1998 49 183 174 28 54 14 1 11 103 35 1 1 0 0 6 0 3 42 3 .310 .344 .592 .936
1999 134 525 479 72 122 17 7 31 246 116 3 3 0 8 34 0 4 117 19 .255 .305 .514 .819
2000 91 356 324 45 83 16 1 16 149 44 1 0 0 3 25 0 4 96 8 .256 .315 .460 .775
MIL 57 251 213 44 63 14 0 14 119 47 1 0 0 1 34 2 3 63 3 .296 .398 .559 .957
'00計 148 607 537 89 146 30 1 30 268 91 2 0 0 4 59 2 7 159 11 .272 .349 .499 .848
2001 158 667 598 94 162 24 3 45 327 125 2 4 0 3 60 5 6 178 20 .271 .342 .547 .889
2002 157 652 570 86 159 37 2 29 287 102 0 0 0 4 70 7 8 136 17 .279 .363 .504 .867
2003 162 718 606 97 165 28 2 45 332 124 2 3 0 5 98 7 9 151 18 .272 .379 .548 .927
2004 ARI 23 104 90 20 21 4 0 9 52 23 0 0 0 0 14 0 0 21 2 .233 .337 .578 .915
2005 SEA 156 656 558 99 147 36 1 39 302 121 1 1 0 3 89 4 6 167 15 .263 .369 .541 .910
2006 158 663 591 75 156 40 0 34 298 107 1 1 0 4 64 5 4 154 17 .264 .338 .504 .842
2007 122 491 434 58 89 21 0 21 173 63 1 0 0 1 51 1 5 100 12 .202 .295 .399 .694
2008 74 292 252 27 55 8 0 11 96 30 1 0 0 3 37 0 0 76 8 .218 .315 .381 .696
NYY 22 35 28 2 7 1 0 1 11 6 0 0 0 1 6 0 0 10 1 .250 .371 .393 .764
'08計 96 327 280 29 62 9 0 12 107 36 1 0 0 4 43 0 0 86 9 .221 .321 .382 .703
通算:12年 1367 5604 4928 748 1286 260 17 306 2498 943 14 13 0 36 588 31 52 1313 145 .261 .344 .507 .851
  • 2008年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Mariners release first baseman Richie Sexson”. Mariners.com. 2008年7月11日閲覧。
  2. ^ Yankees sign Sexson for righty pop Slugger could provide power against left-handed pitching”. Mariners.com. 2008年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]