ソーセージ・レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴール目前のソーセージたち

ソーセージ・レース(英:Sausage Race)は、アメリカメジャーリーグミルウォーキー・ブルワーズの本拠地での試合で開催される、マスコットによるアトラクション。6回表裏終了後に、出場者がソーセージ着ぐるみをかぶってスプリントレースを行い、観客が勝者を当てるもの。ミルウォーキーにあるソーセージ製造会社「Klement's Sausage Company」のプロモーションのための催しで、ブルワーズの本拠地の名物にもなっている。

起源[編集]

メジャーリーグの本拠地球場のスコアボードに大型スクリーンが導入されるようになってから、1980年代にはこのスクリーンを使って「仮想レース」を上映するアトラクションが普及した[1]。当時のブルワーズの本拠地カウンティ・スタジアムにおいても、当初ソーセージ・レースは1990年代初頭から始まったスクリーン上だけの催し物だった。

1990年代半ばに、当時ブルワーズの副社長をしていたローレル・プリーブが、スクリーン上でレースをするソーセージたちが、子ども連れが多い日曜日だけは子どもたちの目の前に現れる、といういたずら半分のアイデアを出した。1994年5月29日の日曜日、ロビン・ヨーントの背番号『19』を永久欠番にするセレモニーが行われた試合で、ソーセージたちは初めて観客の前でレースを行った。このイベントは好評で、最初ブルスト、ポリッシュ、イタリアンの3本だけだったソーセージは、1990年代半ばにホットドッグが加わり、2000年頃までにブルワーズのホームゲームで常に行われる催しになった。

21世紀に入って、ブルワーズにラテン系のファン層が増えてきたことに呼応する形で、2006年シーズンから新たなソーセージ「チョリソ」が1体加わった[2]

登場するマスコット[編集]

レースをするマスコットの正式な名称は、このアトラクションのスポンサーであるミルウォーキーのソーセージ製造メーカー「クレメント社」の社名をとり、"Klement's Racing Sausages"(クレメンツ・レーシング・ソーセージズ)という[3]。2009年現在以下の5体のマスコットが登場する。

  • ブレット・ブルスト(Brett Wurst)
レーダーホーゼンを着たジャーマン・ブラットヴルスト・ソーセージ。
  • ストシュ・ヨニャック(Stosh Jonjak)
サングラスと赤青のラグビーシャツを着たポリッシュ・ソーセージ(キェウバーサ)。
  • ギド(Guido)
シェフの格好をしたイタリアン・ソーセージ。
  • フランキー・フルター(Frankie Furter)
野球のユニフォームを着たホットドッグソーセージ(フランクフルターヴルスト)。
  • シンコ(Cinco)
ソンブレロをかぶったチョリソ

なお上記マスコットの名前はクレメント社が命名したものだが、球場などではほとんどの場合「ブラット」「ポリッシュ」「イタリアン」等の呼ばれ方をされる。ソーセージの着ぐるみは大きいもので高さ7フィート3インチ(約2.21m)あり、頭から膝の高さまですっぽりとかぶるものになっている。マスコットは球場以外でも様々なチャリティーや慈善事業などに登場しており、ブルワーズのゲームがない日は個人のパーティーなどへの出演を依頼することもできる。

出場者と関連する出来事[編集]

レース前のソーセージたち

出場者として、主にミラー・パーク及びミルウォーキー・ブルワーズの球団関係者が着ぐるみを着ているが、著名な野球選手が着ぐるみを着てレースに参加することもある。マーク・グレースパット・ミアーズジェフ・ジェンキンスらはソーセージ・レースの出場経験がある。また1999年にブルワーズに在籍していた野茂英雄が、2000年にこのレースに出場し日本でも話題になった[4]。他にもグリーンベイ・パッカーズのワイドレシーバーだったジェイボン・ウォーカーが2004年に出場したことがある。

2003年7月9日、当時ピッツバーグ・パイレーツの一塁手だったランドール・サイモンがこのレースの出場し、同じ出場者の女性をバットで小突いて転倒させ、怪我を負わせるという事件を起こしている。サイモンは試合後警察に逮捕され罰金を支払っている。

類似するイベント[編集]

ワシントン・ナショナルズは、2006年から本拠地球場において、ラシュモア山に彫られた4人の歴代大統領の着ぐるみによる、「プレジデンツ・レース」を行っている[5]。このアトラクションの発祥は、2005年にPNC銀行がRFKスタジアムで催した「ダラー・ダービー」(英:Dollar Derby)で、アメリカ紙幣の1ドル、5ドル、10ドルに描かれた3人の人物による自動車レースだった。

タンパベイ・レイズは、2007年頃から本拠地トロピカーナ・フィールドで、ペプシコ社の提供による「ボトルレース」を行うようになっている[6]。登場するマスコットは、ペプシコ社のブランド「ペプシコーラ」「アクアフィナ」「シエラミスト」の3本である。

アトランタ・ブレーブスは、2009年から本拠地のターナー・フィールドで、ザ・ホーム・デポの提供による「大工道具レース」が行なわれている。

マスコットによるレースのアトラクションはマイナーリーグの球場にも普及しており、バンクーバー・カナディアンズの本拠地ナットベイリー・スタジアムでは、寿司ネタの着ぐるみによる「寿司レース」も実施されている[7]

福岡ソフトバンクホークスでは、2014年から福岡ヤフオク!ドームで「ホットドッグレース」を行っている。3回表終了後にホットドッグ・ポップコーン・牛丼の着ぐるみが競争し、勝った着ぐるみの商品が試合開始2時間後から半額で提供される。

脚注[編集]

  1. ^ Scoreboard Races: American League”. deadspin.com. 2009年11月26日閲覧。
  2. ^ How it All Started”. klements.com. 2009年11月26日閲覧。
  3. ^ Brewers/Klements Racing Sausages - A Historical Perspective”. 2009年11月26日閲覧。
  4. ^ ボールパーク物語”. 2009年11月26日閲覧。
  5. ^ Presidents Appearances (Washinton Nationals)”. 2009年11月26日閲覧。
  6. ^ Racing Bottles”. tampabay.com. 2009年11月26日閲覧。
  7. ^ MAPLE 2008”. 2009年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]