プロビデンス (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Providence (SSN-719).jpg
艦歴
発注 1979年4月16日
起工 1982年10月14日
進水 1984年8月4日
就役 1985年7月27日
その後 就役中
母港 コネチカット州 グロトン
性能諸元
排水量 満載:6,184 トン、
基準:5,781 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、
水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
719insig.png

プロビデンス(USS Providence, SSN-719)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の32番艦。艦名はロードアイランド州プロビデンスに因んで命名された。その名を持つ艦としては5隻目。

艦歴[編集]

プロビデンスの建造は1979年4月16日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1982年10月14日に起工した。1984年8月4日にウィリアム・F・スミス夫人によって命名、進水し、1985年7月27日に艦長E・モロウ大佐の指揮下就役した。

プロビデンスはトマホーク・ミサイルの垂直発射システム (VLS)を装備した最初のロサンゼルス級である。他の艦はテスト用の箱とプログラムを使用したが、プロビデンスは戦闘システム CCS MK1 および関連ソフトウェア C4.1 を使用して VLS からトマホークを発射した最初の潜水艦であった。

プロビデンスは西大西洋、地中海およびペルシャ湾へ数回展開した。また、フロリダ州のポート・カナベラル、ポート・エヴァーグレーズ、プエルトリコのルーズベルト・ローズ海軍ステーション、ノルウェートロムセジブラルタルフランスツーロンクレタ島のサウダ湾、イタリアラ・マッダレーナスロベニアコペルバーレーンマナーマドバイアラブ首長国連邦などを親善訪問した。

プロビデンスは1998年、2001年および2003年にスエズ運河を通過した。ペルシア湾ではサザン・ウォッチ作戦不朽の自由作戦イラクの自由作戦に参加し、「紅海ウルフパックの大きな犬 Big dog of the Red Sea wolf pack」の愛称で呼ばれた。

プロビデンスはコネチカット州グロトンのニューロンドン海軍潜水艦基地で第4潜水戦隊に所属する。

プロビデンスは3個の装甲軍遠征メダル、3個の海軍遠征メダル、4個の部隊勲功章、4個の海軍殊勲部隊章、5個のバトル「E」を受章し、最近ではテロ戦争遠征メダルを受章した。プロビデンスは1988年にトマホーク・ストライク・ダービーを受賞している。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの『レッド・ストーム作戦発動』でプロビデンスは705型潜水艦(アルファ級)によって撃沈される前にソ連国内の航空基地に対して巡航ミサイルを発射した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]