シャーロット (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Charlotte.jpg
艦歴
発注 1987年2月6日
起工 1990年8月17日
進水 1992年10月3日
就役 1994年9月16日
その後 就役中
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 満載:6,927 トン、基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
766insig.png

シャーロット(USS Charlotte, SSN-766)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の55番艦。艦名はノースカロライナ州シャーロットに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

シャーロットの建造は1987年2月6日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1990年8月17日に起工した。1992年10月3日にメアリー・マコーマック夫人によって命名、進水し、1994年9月16日にマイケル・マシューズ艦長の指揮下就役した。

2005年11月29日、シャーロットは真珠湾から北極の氷冠の下を通ってバージニア州ノーフォークに到着した。途中北極で61インチの氷を突き破って浮上した。これはロサンゼルス級潜水艦の記録であった。

シャーロットはDSRVの母艦でもある。また、アドバンスド・SEAL・デリバリー・システム(Advanced SEAL Delivery System, ASDS)を搭載可能である。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの小説『日米開戦 Debt of Honor』でシャーロットは姉妹艦のアッシュヴィル(USS Asheville, SSN-758)と共に海上自衛隊の潜水艦はるしおによって撃沈される。

ダン・ブラウンの小説『デセプション・ポイント Deception Point』では北極圏での特殊任務を負う重要な役割を果たしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]