アトランタ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Atlanta (SSN-712).jpg
艦歴
発注 1975年8月1日
起工 1978年8月17日
進水 1980年8月16日
就役 1982年3月6日
退役 1999年12月16日
除籍 1999年12月16日
その後 原子力艦再利用プログラム
性能諸元
排水量 満載:6,160 トン、
基準:5,732 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.7 m (32 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、
水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 366 m (1,200 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
兵装 21インチ魚雷発射管4門
モットー Resurgens ("Rise Again")
712insig.png

アトランタ(USS Atlanta, SSN-712)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の25番艦。艦名はジョージア州アトランタに因む。その名を持つ艦としては5隻目。

艦歴[編集]

アトランタの建造は1975年8月1日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1978年8月17日に起工した。1980年8月16日にサム・ナン夫人によって命名、進水し、1982年3月6日にロビン・J・ホワイト艦長の指揮下就役した。

1986年4月29日にアトランタはジブラルタル海峡で座礁し、艦首部分のソナー及びバラストタンクを破損した。アトランタは自力でジブラルタルに向かい、一週間後にノーフォークに帰還、ノーフォーク海軍工廠で修理が行われた。

アトランタはその経歴において、地中海へ6度の配備および大西洋西部へ3度の配備が行われた。アトランタは MK-48 魚雷、ハープーンおよびトマホーク巡航ミサイルが運用可能となった最初の艦であった。また、遠征打撃群 (Amphibious Ready Group) 支援に配備された最初の原子力潜水艦であった。

アトランタは1999年12月16日に退役、除籍され、原子力艦再利用プログラムに従って解体されるまでノーフォーク海軍工廠で保管された。

関連項目[編集]