シャイアン (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Cheyenne SSN-773
艦歴
発注 1989年11月28日
起工 1992年7月6日
進水 1995年4月16日
就役 1996年9月13日
その後 就役中
母港 ハワイ州真珠湾
性能諸元
排水量 満載:6,927 トン、基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 25 kt (46 km/h)
潜行深度 1,200 ft
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
兵装 21インチ魚雷発射管4基
モットー
773insig.png

シャイアン(USS Cheyenne, SSN-773)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の62番艦で最終建造艦。艦名はワイオミング州シャイアンに因んで命名された。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

シャイアンは1992年7月6日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所で起工した。1995年4月16日にアン・シンプソン(ワイオミング州選出上院議員アラン・K・シンプソンの妻)によって命名、進水し、1996年9月13日にピーター・H・オジミック艦長の指揮下就役する。

シャイアンは民生用の製品を元に作られたソナー・ディスプレイ用のフラット・スクリーンを装備した試験艦として運用された。

シャイアンは1998年に母港を真珠湾へ変更した。

シャイアンはチャールズ・ドーティ艦長の指揮下イラクの自由作戦に参加し、トマホーク巡航ミサイルを発射した最初の艦であった。シャイアンは9ヶ月に及んだ作戦活動において最後の3ヶ月でトマホークを発射し続け、「圧勝」を得た。

シャイアンはニューポート・ニューズ造船所で建造された最後のロサンゼルス級原子力潜水艦であった。本級の後継としてシーウルフ級原子力潜水艦が建造された。

関連項目[編集]