コロンビア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Columbia (SSN-771)
艦歴
発注 1988年12月14日
起工 1993年4月21日
進水 1994年9月24日
就役 1995年10月9日
その後 就役中
母港 ハワイ州真珠湾
性能諸元
排水量 満載:6,927 トン、基準:6,000 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー Preserving Freedom On The Seas
771insig.png

コロンビア(USS Columbia, SSN-771)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の60番艦。艦名はサウスカロライナ州ミズーリ州イリノイ州それぞれのコロンビアに因んで命名された。その名を持つ艦としては8隻目であるが、前の艦はそれぞれその名の由来が異なる。

艦歴[編集]

コロンビアの建造は1988年12月14日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1993年4月21日に起工した。

コロンビアは1994年9月24日に1,300フィートの木製傾斜路を滑走して進水するという従来の劇的な方法で進水した。この方式で進水した潜水艦としては最後の艦であり、本艦以降の艦はドックに注水して進水することとなる。

コロンビアはヒラリー・クリントンによって命名され、1995年10月9日にデール・G・ゴーヴァン艦長の指揮下就役した。

2010年3月26日に韓国のペンニョン島付近で沈没したと、韓国の自主民報で報道されたことがある[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]