キーウェスト (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Key West (SSN-722).jpg
艦歴
発注 1981年8月13日
起工 1983年7月6日
進水 1985年7月20日
就役 1987年9月12日
その後 就役中
母港 ハワイ州真珠湾
性能諸元
排水量 満載:6,206 トン、
基準:5,799 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、
水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー Liberate Clavis Tenacitas et Ingenium
722insig.png

キーウェスト (USS Key West, SSN-722) は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の35番艦。艦名はフロリダ州キーウェストに因んで命名された。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

キーウェストの建造は1981年8月13日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1983年7月6日に起工した。1985年7月20日にバージニア・コーン夫人によって命名、進水し、1987年9月12日に艦長ウォーレン・リプスコム・ジュニア中佐の指揮下就役した。

キーウェストはバージニア州ノーフォークノーフォーク海軍基地を母港として1995年まで活動した。大西洋艦隊での活動中に多くの戦略抑止哨戒を完了し、カリブ海、西大西洋地中海での作戦活動を支援した。1990年の地中海巡航後には対潜水艦戦優秀賞を受賞した。その後1989年から90年にかけての哨戒任務に対し殊勲部隊章が与えられた。1992年の水雷対抗競技では第8潜水戦隊に所属、「TOP TORP」を勝ち取り、同年のBattle "E"も受賞した。

キーウェストは1995年に「セオドア・ルーズベルト空母戦闘群(現 空母打撃群)に所属、展開した。配備中は地中海とペルシャ湾で活動し、殊勲部隊章およびNATO勲功章を受章した。その後ノーフォークで信頼性試験を受け、1996年に太平洋艦隊に配備される。1996年6月にノーフォークを出航、パナマ運河を通過し、7月に真珠湾に到着、第1潜水戦隊での活動を開始した。

1997年4月、キーウェストは「コンステレーション」空母戦闘群と共に最初の太平洋配備に就く。この間キーウェストは太平洋インド洋およびペルシャ湾で活動した。同年末に第3潜水戦隊に再び配属される。翌年には「カール・ヴィンソン」および「エイブラハム・リンカーン」空母戦闘群を支援して東太平洋に展開し、その後リムパック演習に参加した。

1998年から2001年までキーウェストは太平洋で第3艦隊および第7艦隊の作戦活動を支援した。この間に多くの多国籍演習に参加する。2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件後、キーウェストはバーレーンに向かい、10月にアフガニスタンに向けてトマホーク巡航ミサイルを発射した。

2003年と2004年にキーウェストは第7艦隊支援のため大西洋西部へ配備された。

キーウェストは1992年と1994年にフロリダ州キーウェストを訪問した。しかしながら太平洋艦隊へ配備されて以来、同市を訪問していない。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの『レッド・ストーム作戦発動』でキーウェストはソ連に対するミサイル攻撃に参加した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]