マイアミ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Miami (SSN-755).jpg
艦歴
発注 1983年11月28日
起工 1986年10月24日
進水 1988年11月12日
就役 1990年6月30日
退役 2014年3月28日
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量 満載:6,146 トン、基準:5,751 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
755insig.png

マイアミ(USS Miami, SSN-755)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の44番艦。艦名はフロリダ州マイアミに因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

マイアミの建造は1983年11月28日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に発注され、1986年10月24日に起工した。1988年11月12日にジェーン・P・ウィルキンソン夫人によって命名、進水し、1990年6月30日にトーマス・W・マダー艦長の指揮下就役した。

2012年5月にメーン州ポーツマス海軍造船所での定期修理中に、艦前方部で火災を起こした[1]。当初、火災の原因は掃除機と考えられたが、同年6月16日にも火災があり、捜査の結果、塗装の作業をしていた24歳の民間作業員の放火であることが判明[2]連邦裁判所は禁錮17年以上の判決を下した[3]。修理は、当初4億5,000万ドルと見積もられていたが、のちに3億9,000万ドルもの増額が必要であることが明らかになり、加えて艦齢がすでに20年以上経過して今後10年間の運用を予定していたこともあり、2013年8月6日、海軍は米議会に修理と艦体復帰を断念すると通達した[3]。2014年3月28日に正式に退役した。

フィクションで[編集]

マイアミはトム・クランシーの最初のノンフィクション作品『Submarine: A Guided Tour Inside a Nuclear Warship』で紹介された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 整備中の米原子力潜水艦で火災、原子炉は無事 米国 AFPBB 2012年5月25日
  2. ^ 米海軍の原潜火災は放火、民間作業員を逮捕。先月も火事発生CNN 2012年7月28日
  3. ^ a b 「海外艦艇ニュース 米海軍が火災事故の原潜マイアミの修理断念」 『世界の艦船』787集(2013年11月特大号) 海人社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]