グリーンビル (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Greeneville off the coast of Honolulu, Hawaii.
艦歴
発注 1988年12月14日
起工 1992年2月28日
進水 1994年9月17日
就役 1996年2月16日
その後 就役中
母港 真珠湾
性能諸元
排水量 基準:6,000トン,
満載:6,927トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
機関 S6G reactor 一基
乗員 士官12名, 兵員98名
兵装 21インチ魚雷発射管4基,
トマホークミサイル12発
モットー Volunteers Defending Frontiers

グリーンビル (USS Greeneville, SSN-772) は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の61番艦。テネシー州グリーンビルに因んで命名された。


艦歴[編集]

建造契約は1988年12月14日にニューポート・ニューズ造船所に与えられ、1992年2月28日着工。ティッパー・ゴアから後援を受け1994年9月17日に進水、1996年2月16日に就役。初代艦長デュアン・B・ハッチ。

事件[編集]

えひめ丸事故[編集]

詳細はえひめ丸事故を参照

2001年2月9日にハワイ沖でグリーンビルは数人の「戦艦ミズーリ保存会」の関係者接待のために巡航し、緊急メイン・バラストタンク・ブローで水面への急速浮上を行った。

午後一時五十分頃に急速浮上したグリーンビルは、愛媛県立宇和島水産高等学校所属の訓練船、えひめ丸の後部に衝突した。えひめ丸のエンジンルームはグリーンビルによって切断され、えひめ丸は10分弱で沈没した。35名の実習生や乗組員の内、4人の高校生を含む9名が行方不明となった。

事件当時同乗の民間人を操舵席に座らせ、操舵に関与させていたとされ、艦長スコット・ワドル海軍中佐は衝突の責任を問われ、事件調査後に海軍を退役した。

サイパン入港時の損傷[編集]

2001年8月27日、サイパン島ドックに入港を試みた際、接触事故を起こし、舵・船外機・船体下部を損傷した。接触した物体は不明。

輸送艦との衝突[編集]

2002年1月27日、グリーンビルはオマーンの沖合でオースティン級ドック型輸送揚陸艦オグデン 」(USS Ogden, LPD-5) と衝突した。オグデンの燃料タンクは5×18インチの穴が開き数千ガロンの燃料が流出したが、衝突後も両艦は自力で航行した。

関連項目[編集]

乾ドックのグリーンビル

外部リンク[編集]