オーガスタ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Augusta (SSN-710).jpg
艦歴
発注 1973年10月31日
起工 1982年4月1日
進水 1984年1月21日
就役 1985年1月19日
その後 就役中
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量 満載:6,164 トン、
基準:5,786 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.7 m (32 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、
水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー Protecting The Frontier Since 1754
710insig.png

オーガスタ(USS Augusta, SSN-710)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の23番艦。艦名はメイン州オーガスタに因んで命名された。その名を持つ艦としては5隻目(最初の3隻はジョージア州オーガスタに因んで命名されている)。

艦歴[編集]

オーガスタは1973年10月31日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に建造発注され、1982年4月1日に起工した。1984年1月21日にダイアナ・D・コーエン夫人によって命名、進水し、1985年1月19日に艦長トーマス・W・ターナー中佐の指揮下就役する。

ソ連海軍は、1986年10月3日にバミューダの沖合でヤンキー級原子力潜水艦K-219がオーガスタと衝突したと主張した。アメリカ海軍は、K-219は内部爆発により沈没したと主張する。

K-219沈没後の1986年10月20日にオーガスタは哨戒を終え帰路に就くが、何かと衝突し修理のためにグロトンへ戻ることを強いられた。船首およびソナーアレイが損傷しその修理費用はおよそ300万ドルが費やされた。オーガスタが何に衝突したかは公式には不明である。オーガスタはデルタ級原子力潜水艦を追跡しており、一方でヴィクター級原子力潜水艦に追跡されていたことが示唆される。もし急な方向転換が行われたのであれば、オーガスタはデルタと衝突したのかもしれない。艦首右舷部分に大きなくぼみを持つデルタ級の写真が存在し、ソ連海軍はそれをK-279と確認した。

1987年7月初めに補修は完了し、オーガスタは BQG-5D 広角口径配列 (Wide Aperture Array, WAA) パッシブソナーおよび BQQ-10 ARCI ソナーのプロトタイプを搭載、試験を行った。同ソナーはコンピューターコンポーネントのモジュール化により容易に改良が行える。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]