ジャクソンビル (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Jacksonville (SSN-699) alongside USS Hampton (SSN-767).jpg
艦歴
発注 1972年1月24日
起工 1976年2月21日
進水 1978年11月18日
就役 1981年5月16日
その後 就役中
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 満載:6,149トン、基準:5,720トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.7 m (32 ft)
最大速 水上25ノット (46 km/h)、水中30+ノット (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
Insignia of SSN-699 Jacksonville.PNG

ジャクソンビル (USS Jacksonville, SSN-699) は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の12番艦。艦名はフロリダ州ジャクソンビルに因んで命名された。艦は「The Bold One」の愛称で呼ばれる。

艦歴[編集]

ジャクソンビルは1972年1月24日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に建造発注され、1976年2月21日に起工した。1978年11月18日にチャールズ・E・ベネット夫人によって命名、進水し、1981年5月16日に艦長ロバート・B・ウィルキンソン大佐の指揮下就役する。

ジャクソンビルは1982年と1985年に行った世界巡航を含む、多くの配備、演習に参加した。1983年、86年、93年、94年には西大西洋に展開し、1987年と93年には地中海に展開した。1988年にはロサンゼルス級に対して行われた衝撃トライアル・テストプログラムに参加した。その後はノーフォーク海軍造船所において3年におよぶ近代化オーバーホールが行われた。

ジャクソンビルは1996年5月にチェサピーク湾の入り口でサウジアラビアコンテナ船との衝突事故を起こした。

2004年12月20日、ポーツマス海軍造船所での燃料交換オーバーホール中に火災が発生した。火災は間もなく消し止められ、原子炉への大きな被害は生じなかった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]