ダラス (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Dallas DDS.jpg
艦歴
発注 1973年10月31日
起工 1976年10月9日
進水 1979年4月28日
就役 1981年7月18日
その後 就役中
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量 6,900トン
全長 110.3m(362ft)
全幅 10m(33ft)
喫水 9.4m(31ft)
最大速 水上25kt(46km/h)、
水中30+kt(56km/h)
潜行深度 290m(950ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官14名、兵員113名
モットー First in Harm's Way
700insig.png

ダラス(USS Dallas, SSN-700)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の13番艦。艦名はテキサス州ダラスに因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目。ダラスという名の艦は重巡洋艦2隻の建造が予定されたが、いずれも完成しなかった。

艦歴[編集]

ダラスは1973年10月31日コネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に建造発注され、1976年10月9日に起工した。1979年4月28日にウィリアム・P・クレメンツ・ジュニア夫人によって命名、進水し、1981年7月18日に艦長ドナルド・R・フェリアー大佐の指揮下就役する。ダラスはロサンゼルス級において火器管制システムとソナー・システムが全てデジタル制御された最初の艦であった。

就役後ダラスはコネチカット州ニューロンドンで第12潜水艦開発戦隊に配属され、多くの調査および研究開発プロジェクトに参加した。1988年9月以来ダラスはニューロンドンの第2潜水戦隊に所属する。同戦隊への配属期間にダラスは最初の近代化オーバーホールが行われ、様々な海外配備を完了した。

ダラスはニューハンプシャー州ポーツマスで燃料交換オーバーホールを完了した。オーバーホールの一環としてドライデッキシェルターが装着された。シェルターはセイル後方に装着され、小型潜水艇(Swimmer Delivery Vehicle, SDV)の運用が可能となった。

ダラスはインド洋での1度の配備、地中海での4度の配備、ペルシャ湾での2度の配備および北大西洋での7度の配備を完了した。

1981年8月27日、ダラスはバハマアンドロス島にある大西洋潜水試験評価センターに近づく際に座礁し、下部方向蛇を損傷した。数時間後に離礁し、ダラスは修理のためニューロンドンに帰還した。

[編集]

ダラスは2度の部隊勲功章、2度の海軍殊勲部隊章および1986年1991年1992年1993年1999年2000年Battle E戦闘効率賞を受賞した。また、1993年には全艦隊での最優秀艦としてバッテンベルク・カップにノミネートされ、1999年にはEngineering "E"Medical "M"を受賞した。

フィクションで[編集]

ダラスはトム・クランシーの『レッド・オクトーバーを追え!』に登場し重要な役割を果たす。ダラスはクランシーの他の作品では端役として登場しており、そのため、乗組員は映画の最後の台詞「The Hunt Is On」を艦の非公式のモットーとした。映画では『ヒューストン』がダラス役を務め、『ルイビル』も1シーンでダラスを演じた。『スターゲイト SG-1』ではレプリケーターに乗っ取られたロシア潜水艦を撃沈した。 また、ゲームの『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』ではプレイヤー部隊を敵の油田に送り込む際に第6艦隊の一員として参加していた。 その他にも、漫画沈黙の艦隊では第7艦隊所属として僚艦と共に『やまと』の撃沈を試みたが、同艦にモルッカ海峡の複雑な形状を利用した戦術に嵌り、航行不能に陥った。 小説『フルメタル・パニック!』では主要登場人物の父親が生前艦長を務めており、英海軍のトラファルガー級原潜『タービュレント』ととの協働でソ連潜水艦を撃沈している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]