スクラントン (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Scranton (SSN-756) north pole.jpg
艦歴
発注 1984年11月26日
起工 1986年8月29日
進水 1989年7月3日
就役 1991年1月26日
その後 就役中
母港 バージニア州ノーフォーク
性能諸元
排水量 満載:6,145 トン、基準:5,742 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.4 m (31 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
756insig.png

スクラントン(USS Scranton, SSN-756)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の45番艦。艦名はペンシルベニア州スクラントンに因んで命名された。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

スクラントンの建造は1984年11月26日にバージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1986年8月29日に起工した。1989年7月3日にサラ・マクデード夫人によって命名、進水し、1991年1月26日にJ・G・マイヤー艦長の指揮下就役した。

スクラントンは「モジュール工法」によってニューポート・ニューズで建造される最初の潜水艦であった。竜骨は置かれず、各々の船体セクションが独立して製造された。内部構造の大半、機械部、配管は船体セクションの開口部から内部に挿入された。個々の船体セクションは十分な正確さで組み立てられ、配管部も堅く結びつけられた。その後船体は乾ドックに入れられ「浮かべられた」。

2006年1月、スクラントンは AN/BLQ-11 長期機雷偵察システム (Long-Term Mine Reconnaissance System, LMRS)、無人潜水艇 (unmanned undersea vehicle, UUV) の自動誘導、ドッキングに成功した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]