フィラデルフィア (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Philadelphia (SSN-690).jpg
艦歴
発注 1971年1月8日
起工 1972年8月12日
進水 1974年10月19日
就役 1977年6月25日
その後 就役中
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量: 満載:6,075 トン、基準:5,705 トン
全長 110.3 m (362 ft)
全幅 10 m (33 ft)
喫水 9.7 m (32 ft)
最大速 水上25 kt (46 km/h)、水中30+ kt (56 km/h)
潜行深度 290 m (950 ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官12名、兵員98名
モットー
690insig.png

フィラデルフィア(USS Philadelphia, SSN-690)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の3番艦。艦名はペンシルベニア州フィラデルフィアに因んで命名された。その名を持つ艦としては6隻目。

艦歴[編集]

フィラデルフィアは1971年1月8日にコネチカット州グロトンジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボート社に建造発注され、1972年8月12日に起工した。1974年10月19日にヒュー・スコット夫人によって命名、進水し、1977年6月25日に艦長ロバート・B・オズボーン中佐の指揮下就役する。

1999年にはドライデッキシェルターが装着された。

2005年9月5日、フィラデルフィアはペルシア湾バーレーンの北東約30マイルの海域でトルコの商船 MV Yasa Aysen と衝突した。双方とも損傷は軽微で、フィラデルフィアの損害は表面的なものであるとされた。トルコ船はちょうど水線上にわずかな損傷を受け、調査を行ったアメリカ沿岸警備隊は航行に支障がないと判断した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

2005年9月5日の事故関連[編集]

オンライン・コミュニティ[編集]