シカゴ (原子力潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Chicago (SSN 721) at periscope depth off Malaysia.jpg
艦歴
発注 1981年8月13日
起工 1983年1月5日
進水 1984年10月13日
就役 1986年10月27日
その後 就役中
母港 ハワイ州真珠湾
性能諸元
排水量 満載:6,162トン、
基準:5,759トン
全長 110.3m(362ft)
全幅 10m(33ft)
喫水 9.4m(31ft)
最大速 水上25kt(46km/h)、
水中30+kt(56km/h)
潜行深度 290m(950ft)
機関 S6G reactor 1基
乗員 士官123名、兵員98名
モットー Windy City
721insig.png

シカゴ(USS Chicago, SSN-721)は、アメリカ海軍ロサンゼルス級原子力潜水艦の34番艦。艦名はイリノイ州シカゴに因んで命名された。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

シカゴの建造は1981年8月13日バージニア州ニューポート・ニューズニューポート・ニューズ造船所に発注され、1983年1月5日に起工した。1984年10月13日にヴィッキ・アン・ペーズリー夫人によって命名、進水し、1986年10月27日に艦長ロバート・エーヴリー中佐の指揮下就役した。

1996年の初めにシカゴはRQ-1 プレデター無人偵察機を操縦するのに成功した。偵察機は6,000m(20,000ft)の高度に達し、潜水艦から185km(100nmi)の距離まで到達した。シカゴは潜望鏡深度から偵察機を操縦した。

2005年の夏にシカゴは仮想潜望鏡(潜水艦が水面近くまで浮上することなく水上偵察が可能になるシステム)をテストした。セイル上部に装着された小型カメラは水面をレンズとして光を集め、下方に屈折させる。高速信号処理ソフトウェアがその光を分析して表面上にある物体の像を再構成する。船を識別することはできないが、水上に物体が存在するのを知ることができる。水上30mの高さの物体が1,600mの距離にあるのを確認できる。十分な光がある場合、カメラは30-60mの水深で物体を確認することができる。

フィクションで[編集]

トム・クランシーの『レッド・ストーム作戦発動』でシカゴはソ連国内の航空基地に対して巡航ミサイルを発射した。 また、ゲームの『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』ではプレイヤー部隊を敵の油田に送り込む際に第6艦隊の一員として参加していた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]