プロビデンス (ロードアイランド州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プロビデンス市
City of Providence
Providence skyline.jpg
愛称 : Beehive of Industry, The Renaissance City, The Divine City
位置
ロードアイランド州内のプロビデンスの位置の位置図
ロードアイランド州内のプロビデンスの位置
座標 : 北緯41度49分25秒 西経71度25分20秒 / 北緯41.82361度 西経71.42222度 / 41.82361; -71.42222
行政
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  ロードアイランド州
  プロビデンス郡
 市 プロビデンス市
市長 Angel Taveras
地理
面積  
  市域 53.2 km2 (20.5 mi2)
    陸上   47.8 km2 (18.5 mi2)
    水面   5.3 km2 (2.1 mi2)
標高 23 m (75 ft)
人口
人口 (2006年現在)
  市域 172,459人
    人口密度   3,666人/km2(9,473人/mi2
  都市圏 1,600,856人
その他
等時帯 東部標準時 (UTC-5)
夏時間 東部夏時間 (UTC-4)
市外局番 401
公式ウェブサイト : http://www.providenceri.com/

プロビデンス (Providence) はアメリカ合衆国ロードアイランド州の最大の都市、また州都である。マサチューセッツの州境から程近く、ボストンまでは車で一時間かからない。2000年の人口統計によれば、人口は173,618人である。ただし2002年7月1日の人口調査では、人口175,901人。プロビデンス郡に属し、ニューイングランド地域では第二に大きい都市であり、都市圏人口は160万人以上に上る。

かつてはテキスタイル、宝飾などの製造加工業が盛んであったことから、『Beehive of Industry』(Beehiveとはミツバチの巣の意)と呼ばれていた。今日では学術、文化都市としての側面が強くなり、『Creative Capital』、『The Renaissance City』などの異名を持っている。

名前[編集]

ロードアイランド州では、プロビデンスの都市部(ダウンタウン)をさすのにダウンシティ(Downcity)の名が使われるが、この語の起源は今日では不明である。

プロビデンスとは英語で神の摂理を意味し、街の名は1636年ロジャー・ウィリアムスが「神の慈悲深き摂理により」この土地を見出したときに名づけられた。ウィリアムスはマサチューセッツ州ピューリタンに追放されてロードアイランドに到ったものである。州の正式名称はこの都市の名前を含んでおり、ロードアイランドおよびプロビデンス入植地(Rhode Island and Provindence Plantations)という。

地理[編集]

北緯 41°49'25" 西経 71°25'20" に位置する。面積は53.2 km2、うち陸地面積が47.8 km2、水地面積5.3 km2で、面積の10%が水面である。

人口[編集]

2000年の人口統計によれば、住民173,618人、62,389世帯、35,873家族が市内に住む。人口密度は 3,629.4/km²。67,915軒の住宅が建ち、その平均密度は 1,419.7/km²。人種別でみると住民の 54.53% は白人、14.54% はアフリカ系住民、1.14% はネイティヴ・アメリカン、 6.01% はアジア系、 0.16%は太平洋諸島出身者である。その他の人種の住民は 17.55% を占め、 6.08% が複数の人種の祖先を持っている。住民の 30.03% はヒスパニック系またはラティノ系。

プロヴィデンスの都市圏には隣接するマサチューセッツ州フォール・リバーおよびロードアイランド州ウォーウィックが含まれ、この二都市をあわせた人口は 1,188,613人に達する。

地元住人の多くがイタリア系アメリカ人で、マフィアの影響の大きい町としても知られている。その他、ポルトガル系アメリカ人の人口も顕著である。インドシナ紛争以来東南アジア系の移民も増え、全米で屈指の規模のカンボジア系やモン族(Hmong、ミャオ族)系コミュニティーがある。

教育[編集]

プロビデンスにある高等教育機関のおいては、アイビー・リーグ名門のブラウン大学やブラウン大学の姉妹校である芸術大学、ロードアイランド・スクール・オブ・デザインが著名である。その他にも、ロードアイランド大学プロビデンス校、プロビデンス・カレッジ、そして料理専門学校が前身であるジョンソン・アンド・ウェールス大学等がある。

ブラウン大学のあるプロビデンス東部(イースト・サイド)は歴史的景観を残し、アメリカ歴史協会の指定する歴史的建造物保存地区のうち最大のものである。ブラウン大学の存在は、地元経済に多大に貢献している一方、不動産を含めた物価の上昇の要因であると、地元住人達は大学に対し必ずしも良い感情を抱いてはいない。

交通[編集]

プロビデンスの空港としては、近郊ロードアイランド州ウォリック市にあるT・F・グリーン空港が使われる。鉄道駅がありアムトラックや、ボストンまでの通勤電車であるMBTA(マサチューセッツ湾交通局: Massachusetts Bay Transportation Authority)コミューター路線が乗り入れている。

出身有名人[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]