フレドリック・ユングベリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フレドリック・ユングベリ Football pictogram.svg
Fredrik Ljungberg 2006.jpg
名前
本名 カール・フレドリック・ユングベリ
愛称 フレディ
ラテン文字 Fredrik Ljungberg
基本情報
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
生年月日 1977年4月16日(37歳)
出身地 ヴィット
身長 175cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 ムンバイ・シティFC
ポジション MF(OMF,SMF,CMF) / FW(ST,WG)
背番号 TBD
利き足 右足
ユース
1982–1994 スウェーデンの旗 ハルムスタッズBK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1998 スウェーデンの旗 ハルムスタッズBK 79 (10)
1998-2007 イングランドの旗 アーセナルFC 216 (72)
2007-2008 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッドFC 25 (2)
2009-2010 アメリカ合衆国の旗 シアトル・サウンダーズFC 37 (2)
2010 アメリカ合衆国の旗 シカゴ・ファイアー 15 (2)
2011 スコットランドの旗 セルティックFC 7 (0)
2011-2012 日本の旗 清水エスパルス 8 (0)
2014- インドの旗 ムンバイ・シティFC 0 (0)
代表歴
1993  スウェーデン U-16 4 (0)
1994  スウェーデン U-18 8 (1)
1995-1998  スウェーデン U-21 12 (5)
1998–2008 スウェーデンの旗 スウェーデン 75 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年9月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フレドリック・ユングベリKarl Fredrik Ljungberg, 1977年4月16日 - )は、スウェーデンヴィット出身のサッカー選手インディアン・スーパーリーグムンバイ・シティFC所属。ポジションはミッドフィールダーフォワード。セカンドトップ、ウイング、トップ下、サイドハーフ、センターハーフをこなす。元スウェーデン代表

日本では「フレドリク・リュングベリ」、「リュンベリ」等とも表記されてきたが、「フレドリック・ユングベリ」としてJリーグに正式登録された。

経歴[編集]

クラブ[編集]

アーセナル時代のユングベリ

1989年、12歳の時に地元のクラブであるハルムスタッドBKの下部組織に加入し、1994年10月23日のAIKソルナ戦でトップチームデビューした。1995年シーズンはリーグ戦31試合に出場して1得点を挙げ、スウェディッシュ・カップを制した。1997年にはアルスヴェンスカン優勝を果たし、ハルムスタッドBKでは公式戦通算139試合に出場して16得点を記録した。

1998年、プレミアリーグアーセナルFCに移籍。移籍金300万ポンドは当時のスウェーデン人選手史上最高額であった。途中出場したマンチェスター・ユナイテッドFC戦で初得点を決め、デビュー戦を3-0の勝利で飾った。2001年のFAカップ決勝ではリヴァプールFCと対戦し、イングランド国外の選手として初めて同大会決勝での得点を記録したが、試合には敗れて準優勝に終わった。2001-02シーズンは最高のコンディションを維持し、プレミアリーグとFAカップの2冠を達成した。FAカップ決勝ではチェルシーFCと対戦し、史上初めて2年連続で同大会決勝での得点を記録した。2005-06シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで決勝に進出し、怪我を押してFCバルセロナとの試合に出場した。2008年にはアーセナルFCのファンが選ぶベストプレーヤーの11位に選ばれた。

2007年7月23日、4年契約でウェストハム・ユナイテッドFCに移籍した。2007-08シーズン開幕戦のマンチェスター・シティFC戦でデビューし、その試合ではキャプテンを務めた。2008年2月9日のバーミンガム・シティFC戦で初得点を記録した。

2008年10月28日、MLSシアトル・サウンダーズFCと契約した。2010年7月30日、シカゴ・ファイアーにトレードされ、ロサンゼルス・ギャラクシー戦でデビューした。リーグ戦15試合に出場し、2010年末のメジャーリーグサッカー閉幕を持ってシカゴ・ファイヤーを離れた。

トライアルを経て、2010年12月30日にスコティッシュ・プレミアリーグセルティックFCとシーズン終了までの契約を結ぶ[1]

2011年8月27日、清水エスパルスと契約したことがFIFA公式サイトなどで報道され[2]、清水の早川巌会長が正式にユングベリの獲得を発表した。2013年1月までの契約[3]で、推定年俸は6000万円[4]

2012年2月14日、清水は怪我の治療の為に帰国中のユングべリとの契約を解除すると発表。

一度は現役引退を表明したが2014年10月から新たに始まるインディアン・スーパーリーグムンバイ・シティFCにマーキングプレーヤーとして加入し現役復帰することを発表した。

代表[編集]

1997年1月24日、フロリダ州オーランドで行われたアメリカ戦でスウェーデン代表デビューした。1998年5月28日、マルメで行われたデンマークとの親善試合で初得点を挙げた。チームメイトのDFオロフ・メルベリとは犬猿の仲として有名であり、2002 FIFAワールドカップ前の合宿中には取っ組合いのケンカをした。2002 FIFAワールドカップでは腰の故障で目立った活躍ができなかったが、2004年のUEFA欧州選手権2004は準々決勝まで全試合にフル出場した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では、ズラタン・イブラヒモビッチヘンリク・ラーションそしてユングベリの3人でチームの3分の2のゴール数をたたきこみ、本大会出場に貢献した。本大会では準々決勝で敗退したが、全試合に出場して1得点を決めている。スウェーデン代表として最後の試合は2008年6月18日のUEFA欧州選手権2008グループリーグ・ロシア戦であった。6月27日、10年に及ぶ代表生活から退くことを発表した。

プレースタイル[編集]

中盤ならどこでもプレーでき、フォワードを務めることもできる。

フィジカルの強さ、運動量、圧倒的な加速力を武器とした攻撃的なスタイルを特徴とし、キャリア全盛期には欧州最高峰のアタッカーとも評された[5]。清水加入時には34歳であったが、走力について監督のゴトビは「清水の中でも一番速いのでは」と評したとされる[6]

人物[編集]

母国の男性誌でモデルを務めるユングベリ

2007年よりカルバン・クラインの下着モデルを務めている[7]。同性からも人気があるサッカー選手であり、ゲイ雑誌のサッカー選手人気投票で何度も1位を獲得している。しかし本人は異性愛者で、モデルの女性が恋人である[8]

アーセナルFC所属時には赤髪のモヒカンという奇抜な髪型をしていた時期があり、頻繁に髪型を変えることでも知られていた。

母国スウェーデンでは、ラーションイブラヒモビッチと並ぶ人気を誇る、国内屈指のスター選手である。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

得点 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1. 1998年5月28日 スウェーデンの旗 マルメ  デンマーク 1-0 3-0 親善試合
2. 1999年3月31日 ポーランドの旗 ホジューフ  ポーランド 1-0 1-0 UEFA欧州選手権2000予選
3. 2003年6月7日 サンマリノの旗 セラヴァッレ  サンマリノ 0-3 0-6 UEFA欧州選手権2004予選
4. 2004年6月14日 ポルトガルの旗 リスボン  ブルガリア 1-0 5-0 UEFA欧州選手権2004
5. 2004年9月4日 マルタの旗 タ・アーリ  マルタ 0-4 0-7 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
6. 0-6
7. 2004年10月9日 スウェーデンの旗 ストックホルム  ハンガリー 1-0 3-0
8. 2005年2月9日 フランスの旗 パリ  フランス 0-1 1-1 親善試合
9. 2005年3月26日 ブルガリアの旗 ソフィア  ブルガリア 0-1 0-3 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
10. 0-3
11. 2005年6月4日 スウェーデンの旗 ヨーテボリ  マルタ 5-0 6-0
12. 2005年9月3日 スウェーデンの旗 ストックホルム  ブルガリア 1-0 3-0
13. 2006年6月15日 ドイツの旗 ベルリン  パラグアイ 1-0 1-0 2006 FIFAワールドカップ
14. 2007年10月13日 リヒテンシュタインの旗 ファドゥーツ  リヒテンシュタイン 0-1 0-3 UEFA欧州選手権2008予選

年別得点[編集]


スウェーデン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1998 6 1
1999 7 1
2000 8 0
2001 9 0
2002 5 0
2003 4 1
2004 10 4
2005 7 5
2006 8 1
2007 6 1
2008 5 0
通算 75 14

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スウェーデンの旗 ハルムスタッドBK
イングランドの旗 アーセナルFC
アメリカ合衆国の旗 シアトル・サウンダーズFC

脚注[編集]