フランシスコ・セルベーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・セルベーリ
Francisco Cervelli
ニューヨーク・ヤンキース #29
001B4119 Francisco Cervelli.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 カラボボ州バレンシア
生年月日 1986年3月6日(28歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2003年 アマチュア・フリーエージェントとしてニューヨーク・ヤンキースと契約
初出場 2008年9月18日
年俸 $515,350(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム イタリアの旗 イタリア
WBC 2009年

フランシスコ・セルベーリFrancisco Cervelli, 1986年3月6日 - )は、ベネズエラバレンシア出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBニューヨーク・ヤンキース所属。

来歴・人物[編集]

イタリア出身の父とベネズエラ人の母の下に生まれる。少年時代のポジションは遊撃手二塁投手であり、捕手としての経験は皆無だった。しかし、セルベーリの体格と肩の強さに注目したヤンキースは、2003年に捕手転向を条件として契約オファーを提示。セルベーリはこれを承諾し、捕手としてプロ入りを果たした。それと同時に、スイッチヒッターをやめ、右打に専念するようになった[2]

2008年9月18日にメジャーデビュー。

2009年は開幕前に、父がイタリア出身であるため、両親の出生地で代表入りが可能な第2回WBCイタリア代表として出場した。しかし、セルベーリ本人は一度もイタリアに行ったことがなく、イタリア語もほとんど話せないため、「次回はもちろんベネズエラ代表で出たい」と複雑な心境をのぞかせた[3][4]。シーズンでは、ホルヘ・ポサダホセ・モリーナに次ぐ3番手捕手として42試合に出場し、打率.298という好成績を残した。プレーオフでも2試合に出場した。

2010年は、前年の倍以上となる93試合に出場。打率は下降し(.271)、ホームランも1本も放てなかったが、3本の三塁打を放った。

2012年は、開幕直前にスチュワートが加入したため、そのあおりでマイナースタート[5]。9月1日にようやく昇格した[6]

2013年第3回WBCイタリア代表の候補に選ばれた[7]が、出場しなかった。シーズンでは、正捕手となった。4月26日のブルージェイズ戦で、打球を右手に受けて骨折した。開幕からコンビを組んでいた黒田は「キャンプからずっと一緒だったので分かり合えていた。残念です」と、コメントしている[8]。8月5日にバイオジェネシス・スキャンダルによって禁止薬物購入が発覚し、50試合の出場停止処分を受けた[9]

2014年1月17日にヤンキースと70万ドルの1年契約に合意した[10]。開幕ロースター入りしたが、4月14日のボストン・レッドソックス戦で右太腿裏(ハムストリング)を痛め、4月15日に60日間の故障者リスト入りした[11]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 NYY 3 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 3 1 .000 .000 .000 .000
2009 42 101 94 13 28 4 0 1 35 11 0 3 4 1 2 0 0 11 1 .298 .309 .372 .682
2010 93 317 266 27 72 11 3 0 89 38 1 1 8 4 33 1 6 42 7 .271 .359 .335 .694
2011 43 137 124 17 33 4 0 4 49 22 4 1 1 1 9 0 2 29 4 .266 .324 .395 .719
2012 3 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
2013 17 61 52 12 14 3 0 3 26 8 0 0 0 0 8 0 1 9 1 .269 .377 .500 .877
通算:6年 201 623 542 70 147 22 3 8 199 79 5 5 13 6 53 1 9 94 14 .271 .343 .367 .710
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Francisco Cervelli Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ Peter Abraham, The Cervelli backstory, The LoHud Yankees Blog(英語),2010年10月1日閲覧
  3. ^ Tyler Kepner(2009-03-06), Italian Genes Count for Yanks’ Cervelli, New York Times(英語), 2010年10月1日閲覧
  4. ^ (2009-3-01), 辞退者続出…イタリアWBC代表大丈夫?, SANSPO.COM, 2010年10月1日閲覧
  5. ^ 村上雅則監修・友成那智編著 『メジャーリーグ完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、46頁。ISBN 978-4331517116
  6. ^ New York Yankees recalled C Francisco Cervelli from Scranton/Wilkes-Barre Yankees.
  7. ^ Teixeira, Cano, Cervelli named to Classic squads
  8. ^ “アストロズ戦に備える黒田”. MSN産経ニュース. (2013年4月28日). オリジナル2013年4月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20130428125041/http://sankei.jp.msn.com/sports/news/130428/mlb13042814180001-n1.htm 
  9. ^ A-Rod gets ban through 2014; 12 get 50 games
  10. ^ Bryan Hoch (2014年1月17日). “Yankees, Cervelli agree on one-year contract”. MLB.com. 2014年1月26日閲覧。
  11. ^ Bryan Hoch (2014年4月15日). “Yanks call up reinforcements for day-night twin bill”. MLB.com. 2014年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]