クリス・スチュワート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリス・スチュワート
Chris Stewart
ピッツバーグ・パイレーツ #19
Chris Stewart - Yankees @ Orioles - Sept-12-2013.jpg
ヤンキース時代(2012年9月12日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州フォンタナ
生年月日 1982年2月19日(32歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2001年 ドラフト12巡目(全体373位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 2006年9月6日 ボストン・レッドソックス
年俸 $515,100(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クリストファー・デービッド・スチュワートChristopher David "Chris" Stewart , 1982年2月19日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州フォンタナ出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。MLBピッツバーグ・パイレーツ所属。

経歴[編集]

ホワイトソックス時代[編集]

2001年ドラフト12巡目でシカゴ・ホワイトソックスから指名され契約。[2]

2005年11月18日40人枠入りを果たした。

2006年2月28日にホワイトソックスと1年契約に合意。3月14日にAAA級シャーロット・ナイツへ異動した。9月1日にメジャー昇格し、9月16日にメジャーデビューを果たした。

レンジャーズ時代[編集]

2007年1月12日にマイナー選手とのトレードで、テキサス・レンジャーズへ移籍。2月8日にレンジャーズと1年契約に合意。6月9日にAAA級オクラホマ・レッドホークスへ降格。10月15日に40人枠を外れ、AAA級オクラホマへ降格した。

2008年3月27日に放出された。

ヤンキース時代[編集]

2008年4月3日ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約で合意した。4月28日ホルヘ・ポサダの控え としてメジャーへ昇格した。4月30日にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・ヤンキースへ降格。6月30日DFAとなった。

2009年1月12日に古巣・ホワイトソックスとマイナー契約を結んだが、3月22日にトレードで古巣・ヤンキースへ復帰した。

パドレス時代[編集]

2009年11月22日サンディエゴ・パドレスとマイナー契約を結んだ。

2010年9月1日にメジャーへ昇格したものの僅か2試合の出場にとどまり、オフの10月6日にDFAとなり、10月8日FAになった。

ジャイアンツ時代[編集]

2011年1月14日サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。5月26日に、怪我でシーズン絶望となったバスター・ポージーに代わって昇格した。

ジャイアンツ時代(2011年5月29日)

8月9日ピッツバーグ・パイレーツ戦では、ジェームズ・マクドナルドから初のホームランを放った。

ヤンキース復帰[編集]

2012年4月4日ジョージ・コントスとのトレードで、再びヤンキースへ移籍した[3]。バックアップ捕手として開幕からベンチ入りし、46試合にスタメン出場した。そのうちの18試合はCC・サバシア先発時で、シーズン前半はパーソナル・キャッチャーのような使われ方をしていた。守備ではボールブロックのうまさが光り、ワイルドピッチを出す頻度は最小レベルだった[4]

2013年はキャリアで初めて正捕手を務め、自己最多の109試合に出場し、4本塁打25打点4盗塁、打率.211だった。

パイレーツ時代[編集]

2013年12月2日にトレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[5]

2014年3月21日に右膝を手術し、3月29日に15日間の故障者リスト入りした。4月6日にリハビリのため、A+級ブレイデントン・マローダーズへ異動。4月19日に復帰した[6]

詳細成績[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 CWS 6 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2007 TEX 17 43 37 4 9 2 0 0 11 3 0 0 3 0 3 0 0 6 2 .243 .300 .297 .597
2008 NYY 1 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2010 SD 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
2011 SF 67 183 162 20 33 8 0 3 50 10 0 0 3 0 49 4 2 18 2 .204 .283 .309 .592
2012 NYY 55 157 141 15 34 8 0 1 45 13 2 0 3 2 10 0 1 21 1 .241 .292 .319 .611
2013 109 340 294 28 62 6 0 4 80 25 4 0 6 4 30 0 6 49 8 .211 .293 .272 .565
通算:7年 257 734 645 67 138 24 0 8 186 51 6 0 15 6 59 4 9 97 13 .214 .287 .288 .575
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 39 (2006年)
  • 35 (2007年)
  • 38 (2008年)
  • 11 (2010年)
  • 37 (2011年)
  • 19 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chris Stewart Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ 12th Round of the 2001 MLB June Amateur Draft
  3. ^ Kontos traded, Cervelli optioned
  4. ^ 村上雅則監修・友成那智編著 『メジャーリーグ完全データ選手名鑑2013』 廣済堂出版、2013年、45頁。ISBN 978-4331517116
  5. ^ Stewart traded to Bucs ESPN New York
  6. ^ George Von Benko (2014年4月20日). “Pirates activate Stewart from DL, option Sanchez”. MLB.com. 2014年5月23日閲覧。

外部リンク[編集]