クレスタI型巡洋艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレスタI型巡洋艦
Vitse-admiralDrozd1986a.jpg
艦級概観
艦種 防空・対潜艦 (〜1966年)
大型対潜艦 (1966年〜1977年)
ミサイル巡洋艦 (1977年〜)
艦名
前級 58型 (キンダ型)
次級 大型対潜艦: 1134A型 (クレスタII型)
ミサイル巡洋艦: 1164型 (スラヴァ級)
性能諸元
排水量 基準: 5,335〜5,375 t
満載: 7,125〜7,160 t
全長 156.2メートル (512 ft)
全幅 16.7–16.8メートル (55–55ft)
吃水 5.9–6.3メートル (19–21ft)
機関 KVN-98/64型ボイラー
(64 kgf/cm², 470℃)
4缶
TV-12型蒸気タービン
(45,500 hp/33.9 MW)
2基
スクリュープロペラ 2軸
速力 34.3ノット
航続距離 5,000海里 (18ノット巡航時)
乗員 343名
兵装 AK-725 57mm連装砲 2基
AK-630M 30mmCIWS[脚注 1] 4基
ZIF-102 連装ミサイル発射機
(V-600/601 SAM×32発)
2基
4K44型SSM 連装発射筒 2基
RBU-6000 12連装対潜迫撃砲 2基
RBU-1000 6連装対潜迫撃砲 2基
533mm 5連装魚雷発射管 2基
艦載機 Ka-25ヘリコプター 1機
FCS 4R90 SAM用 2基
MR-103 砲用 2基
MR-123 CIWS用 2基
ビノム1134 SSM用 2基
ブリャ1134 UBFCS 1基
C4I プランシェート1134戦術情報処理装置
モレ-U戦術データ・リンク装置
レーダー MR-500 対空捜索用 1基
MR-310 3次元式 1基
ヴォルガ 航海用 2基
ソナー MG-312M (I) 捜索用 1基
MG-311 攻撃用 1基
電子戦 MRP-11-12 電波探知装置 2基
MRP-13-14 電波探知装置 2基
MRP-15-16 電波探知装置 1基
MP-150 電波妨害装置
ZIF-121 チャフ発射機

クレスタI型ミサイル巡洋艦英語: Kresta-I class guided missile cruiser)は、ソビエト連邦海軍ロシア海軍が運用していた大型対潜艦ミサイル巡洋艦の艦級に対して付与されたNATOコードネーム。ソ連海軍での正式名は1134型ミサイル巡洋艦ロシア語: Ракетные крейсера проекта 1134)、計画名は「ベルクート」(: «Беркут»イヌワシの意)であった[1][2]

1960年代末に4隻が建造され、1990年代中盤まで運用されていた。従来の対水上戦重視のソ連水上戦闘艦とは一線を画する、対潜戦重視の大型対潜艦への端緒となった艦級であるが、主兵装として予定されていた対潜ミサイルなどが間に合わなかったために4隻が建造されるに留まり、これらの予定兵装を搭載した改良型の1134A型(クレスタII型)に移行した。

来歴[編集]

冷戦構造の成立当初、ソ連海軍は西側の空母機動部隊の侵入阻止を主任務として構想していた。しかし1960年代に入って、アメリカ海軍潜水艦発射弾道ミサイル搭載原子力潜水艦(SSBN)の配備が進展したことを受け、これへの対抗策が急務となった。1961年12月30日ソ連共産党政治局およびソビエト連邦閣僚会議ロシア語版は、第1180号-510議決により、従来のソ連海軍で採択されてきた対水上・対地火力投射というドクトリンを廃し、かわって対潜戦を重視することを決定した。これを受け、政府は「1134型艦の建造計画」を承認した[1]

当時、ソ連海軍では、空母機動部隊などに対水上戦を挑むため、長射程の対艦ミサイルを主兵装とする58型ミサイル巡洋艦(キンダ型)の配備を進めていたことから、海軍艦政局は、同型をベースとした防空・対潜艦の技術案作成を要求した。これを受け、第35中央設計局のアニケエフ主任設計官は、58型の船体を拡張した設計によってこれに答えることとした。1962年夏、第35中央設計局は1134型の技術案を完成し、1963年1月、政府と海軍の承認を受けた[1]。

設計[編集]

本級の武装配置が良く判る写真。

上記の通り、本型の設計はおおむね、先行する58型を拡張したものとなっており、船型も長船首楼型が踏襲された。ただし船体の大型化に伴って上部構造物は縮小され、耐航性は向上した。フィンスタビライザーを作動させずともシー・ステート5まで兵装の使用が可能であり、また作動させた場合にはシー・ステート6まで可能とされていた。船体の全長にわたって二重底が設けられ、また船体は3区画までの浸水に抗堪することができた。なお、58型では、設計の最終段階で艦尾にヘリコプター甲板を追加したものの、航空艤装は比較的限定的であったのに対し、本型では艦型が拡大されたことからハンガー(格納庫)なども設置され、より本格的な航空運用能力を備えている[1]。

一方、要求速力が32ノットに抑えられたこともあり、主機構成はおおむね58型のものが踏襲されており、ボイラーの蒸気性状および蒸気タービンの形式は同一となっている。発電機タービン発電機2基とディーゼル発電機4基で、これらは均等に2つの区画に分散配置された[1]。

装備[編集]

センサー[編集]

長距離用の対空捜索レーダーとしてMR-500「クリーヴェル」[脚注 2]、対空・対水上捜索用の3次元レーダーとしてMR-310「アンガラーA」[脚注 3]が搭載されている[2]。

一方、ソナーとしては、当初予定されていた新世代のMG-332「チタン2」(NATO名「ブル・ノーズ」)の開発が間に合わなかったことから、捜索用のMG-312M(I) 「チタン」、攻撃用のMG-311「ヴィチェグダ」(NATO名「ウルフ・パウ」)を組み合わせて搭載している[2]。

武器システム[編集]

来歴で述べたとおり、本型は元来、防空・対潜艦として計画されていたことから、新世代のM-11「シュトルム」(SA-N-3)艦対空ミサイル(SAM)とURPK-3「メテル」(SS-N-14)対潜ミサイル(SUM)を搭載する予定であった。しかしこれらはいずれも開発が遅延したことから、M-11のかわりに一世代前のSAMであるM-1「ヴォルナ」(SA-N-1)が、またURPK-3のかわりにP-35「プログレス」(SS-N-3)艦対艦ミサイルと、いずれも58型を踏襲した装備が施されることとなった[1]。

M-1については、ミサイル弾庫の容量を32発に拡張した新型のZIF-102発射機が搭載されている。ミサイル射撃指揮装置(GMFCS)としては4R-90「ヤタガン」が2セット搭載されるが、これは当初、使用周波数を1セットしか持たなかったため、実質的な同時対処目標数は1つであった。また当初使用されていたV-600型ミサイルと組み合わせた場合、射程が長くなればなるほど精度が顕著に低下したことから、1972年までにミサイルがV-601型に更新されるとともに、GMFCSも近代化された[2]。

対潜兵器としては、上記の通り当初予定のURPK-3対潜ミサイルの搭載は断念されたことから、対潜ロケット砲RBU-6000およびRBU-1000)と魚雷発射管が用いられる。対潜ロケット砲は、いずれもブリャ1134型水中攻撃指揮装置(UBFCS)の管制を受けている。魚雷発射管としては、1963年に制式化されたPTA-53-1134型 5連装533mm発射管が2基搭載されている。搭載魚雷は、対潜用のSET-65型[脚注 4]に加えて、対艦ミサイルの減少による対水上火力の弱体化を補うため、対艦用の53-65型[脚注 5]も搭載されるようになった[2]

高角砲としては新型のAK-725 57mm連装速射砲が搭載されたが、その性能は限定的であった。このことから、AK-230 30mm連装機銃、のちにはAK-630 30mm 6銃身機銃も同時に搭載された。なお57mm連装砲はMR-103「バルス」砲射撃指揮装置による管制を受けた[2]。

なお本型は、ヘリコプターを常時搭載する初の水上戦闘艦である。艦載機としては、哨戒型のKa-25PL、または対艦ミサイルの誘導用のKa-25Tsが1機搭載される[2]。

同型艦[編集]

本型はいずれも、レニングラードの第190造船所で建造されている。当初は10隻の建造が計画されていたが、4隻が建造された段階で、当初計画されていたSAMやSUMなどの新装備の実用化の目処が立ったことから、これらを搭載した改良型の1134A型(クレスタII型)に移行した。計画当初、艦種は防空・対潜艦(корабли ПВО-ПЛО)とされていたが、建造途上の1966年に大型対潜艦BPK)が新設されるとこちらに類別変更された。しかし本型は、上記の経緯により、対潜兵器というよりは対艦兵器を主兵装としていたこともあり、より本格的な対潜兵器を備えた第2世代の大型対潜艦の増勢に伴って、1977年8月には、58型 (キンダ型)と同じミサイル巡洋艦(RKR)に類別変更された[2]。

同型艦一覧[2]
# 艦名 起工 竣工 配属 除籍 その後
S-791 アドミラール・ゾズーリャ
«Адмирал Зозуля»
1964年 7月 1967年10月 北方艦隊
バルチック艦隊
1994年 9月 解体
S-792 ウラジオストク
«Владивосток»
1964年12月 1968年 8月 北方艦隊
太平洋艦隊
1990年 4月 オーストラリアへスクラップとして売却・解体
S-793 ヴィツェ=アドミラール・ドロースト
«Вице-Адмирал Дрозд»
1965年10月 1968年12月 北方艦隊 1990年 7月 インドへスクラップとして売却、曳航中に沈没
S-794 セヴァストーポリ
«Севастополь»
1966年 6月 1969年 9月 北方艦隊
→太平洋艦隊
1989年12月 インドへスクラップとして売却・解体

脚注[編集]

  1. ^ 後日装備。
  2. ^ NATO名「ビッグ・ネット」。動作周波数帯はLバンド、探知距離は対空目標に対して350km、水上目標に対して50kmとされていた。
  3. ^ NATO名「ヘッド・ネット」。動作周波数帯はLバンド、探知距離は対空目標に対して150kmとされていた。
  4. ^ 電気式、雷速40ノット、射程15km、最大深度400m、弾頭重量250kg。
  5. ^ 過酸化水素タービン式、雷速69ノット、射程12km(69kt時)または22km(44kt時)、弾頭重量308kg。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e f Polutov Andrey V.「ソ連/ロシア巡洋艦建造史(第10回)」、『世界の艦船』第700号、海人社、2009年1月、 156-161頁、 NAID 40016364566
  2. ^ a b c d e f g h i Polutov Andrey V.「ソ連/ロシア巡洋艦建造史(第11回)」、『世界の艦船』第702号、海人社、2009年2月、 106-109頁、 NAID 40016409444

関連項目[編集]