ミルカ型フリゲート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミルカ型フリゲート
Project35-1985.jpg
艦級概観
艦種 3等警備艦(SKR)
艦名 番号名等
所属 Naval Ensign of the Soviet Union.svgソ連バルト・黒海艦隊
前級 159型(ペチャ型)
次級 1159型(コニ型; 2等艦)

ミルカ型フリゲート(-かたふりげーと; 英語: Mirka class frigate)は、ソビエト連邦海軍が運用していた警備艦(SKR)の艦級に対して付与されたNATOコードネーム。ソ連海軍での正式名は35型警備艦Сторожевые корабли проекта 35)であった。また、ミサイル艇と共にコルベットに分類されている場合もある。

原型と改良型があり、それぞれ35型(ミルカ-I型)、35M型(ミルカ-II型)と称される。

概要[編集]

艦首右舷側からの写真。

ソ連は、前級ペチャ型フリゲートにおいて、初めてガスタービンエンジンを導入した。本級では、その改良型のエンジンを搭載し、ディーゼルエンジンの出力も2倍として、燃費と航続距離の改善も図った改良型として並行建造されることとなり、1964~67年に18隻が竣工した。

建造当初の艦容は、鋭い艦首から76.2mm連装砲1基、箱型艦橋の左右前端に1基ずつ対潜ロケット砲、艦橋上にあったマストを後方に下げ船体上に直接接続し、それを真ん中に挟んで前後に魚雷発射管を中央線上に1~2基、その後に76.2mm連装砲1基、排煙ないし吸気孔が2本前後に並び、左右に対潜ロケット砲、艦尾が一段盛り上がって曳航ソナーが装備されるというものであった。その後の改装で、大きく2タイプに分類されるようになった。

35型 (ミルカ-I型)
9~10隻が改装。400mm 5連装魚雷発射管×1基、RBU-6000対潜ロケット砲×4基を装備。
35-M型 (ミルカ-II型)
8~9隻が改装。400mm 5連装魚雷発射管×2基、RBU-6000対潜ロケット砲×2基を装備。また、高周波のディッピングソナーとスリム・ネット対空レーダーを搭載。

本級は、また、全てカリーニングラード沿バルト海造船工場「ヤンターリ」ロシア語版造船所で建造され、バルチック艦隊(12~13隻)と黒海艦隊(5~6隻)に配置され、その他の艦隊には配置されなかった。全て旧ソ連邦海軍で運用されており、同盟諸国に貸与された艦はなかった。なお、本級を発展させたコニ型フリゲートでは少し艦容が大きくなり、14隻が就役して、全て同盟諸国に対し輸出された。

本級は、1989~92年にかけて、ほぼ全艦が退役した。本級を含めた1000~2000トン級フリゲートの直接の後継艦として、ゲパルト型フリゲートが開発されたが、配備は遅延している。

なお、黒海艦隊に配置されたSKR-6は、1988年2月12日、黒海クリミア半島沖で領海12海里の通過を巡って、アメリカ海軍スプルーアンス級駆逐艦カロン」(en)と衝突事件を起こした。この際、本艦と同行したクリヴァク型フリゲートベズザトヴェートヌィイ」は、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦ヨークタウン」と衝突した。

性能要目[編集]

35型
ミルカ-I型
35-M型
ミルカ-II型
就役開始 1964年 1965年
建造数 9隻 9隻
排水量 基準: 950 t
満載:1150 t
全長 81.8 m
全幅 9.2 m
吃水 2.9 m
機関 CODAG方式, 2軸推進
M-2Bガスタービンエンジン×2基(30,000 hp/22 MW)
61Bディーゼルエンジン×2基(12,000 hp/8.9 MW)
速力 最大: 30 kt
航続距離 4,800nmi / 10kt
500nmi / 30kt
乗員 98名
兵装 AK-762 76.2mm連装砲×2基
RBU-6000 12連装対潜ロケット砲×4基 RBU-6000 12連装対潜ロケット砲×2基
159型 400mm五連装魚雷発射管×1基 159A型 400mm五連装魚雷発射管×2基
C4I プランシェート59戦術情報処理装置
レーダー 「フートN」対空・対水上捜索用 MR-302「フートB」対空・対水上捜索用
ドン-2 航法
「ヤコール」砲射撃指揮
ソナー MG-312「チタン」船底装備式
MG-311「ヴィーチェグダ」可変深度式

同型艦一覧[編集]

艦型 艦名 竣工年 除籍解体年 備考
35 SKR-39 1964年12月16日 1990年4月19日
SKR-20 1964年12月25日 1989年04月05日
SKR-7 1964年12月29日 1987年08月01日
SKR-32 1964年12月29日 1989年05月04日
SKR-86 1964年12月31日 1990年04月19日
SKR-49 1965年06月25日 1990年04月19日 ИВАН СЛАДКОВと改名
SKR-53 1965年08月31日 1990年04月19日 黒海艦隊
SKR-24 1965年09月30日 1990年04月19日
SKR-83 1966年03月09日 1991年06月24日 60 лет КОЛМСОМОЛУ БЛОРУССИИと改名
SKR-84 1966年05月19日 1992年12月31日 黒海艦隊
SKR-48 1966年05月19日 1990年04月19日 黒海艦隊
SKR-12 1966年05月30日 1992年12月31日
SKR-19 1966年06月30日 1992年12月31日
SKR-35 1966年08月30日 1990年04月19日 ГАНГУТЕЦと改名
SKR-6 1966年11月30日 1990年08月01日 黒海艦隊USS Caron (DD-970)と衝突事件
SKR-13 1966年12月28日 1991年06月24日 黒海艦隊
SKR-90 1967年05月30日 1990年04月19日
SKR-117 1967年06月29日 1990年04月19日 黒海艦隊

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の艦船』、1996年9月フリゲイト昔と今、海人社

外部リンク[編集]

  • [1](ロシア語)、同型艦名は此処から、全体図
  • [2](ロシア語)、同型艦名活動詳細
  • [3](英語)Ⅰ,Ⅱ型の兵装変遷
  • [4](英語)、Ⅰ,Ⅱ型のレーダー,ソナーの違い説明